オールスター競輪2022の注目選手を予想!勝つために必要な情報は?

オールスター競輪2022 アイキャッチ

どうも。

競輪戦線のボクです。

今回は「オールスター競輪2022」についてご紹介します。

オールスター競輪2022 画像

競輪のレースは、F2・F1・G3・G2・G1・GPの6つのグレードに分類されています。

中でもG3以上の重賞レースは実力が高い選手が出走するため、競輪ファンからの注目度が非常に高いです。

今回は、そんな重賞レースの【G1】オールスター競輪2022についてご紹介します。

オールスター競輪の要や賞金、投票結果の他にも、勝つために必要な出場選手や歴代優勝者などの情報もご紹介するので、勝負予定の方はぜひ最後までお付き合いください。

オールスター競輪とは?

オールスター競輪とは、毎年8月に開催される競輪のG1競走です。

このオールスター競輪は、野球のオールスター戦のように、事前にS級選手が200名ほどリストアップ。

その中から出場選手をファンの投票によって決定する、競輪唯一のファン投票制のレースです。

はがきやインターネット投票の他にも、全国の競輪場や場外車券売場にも投票用紙が用意されていて、毎年多くの競輪ファンが投票に参加しています。

そんなオールスター競輪は、1956年川崎競輪場にて初めて開催。

今年で65回目となる歴史あるG1競走です。

賞金や開催スケジュール・開催場はその年によって違うので、今年2022年のオールスター競輪の概要を確認しましょう。

オールスター競輪2022はポイント制を採用

オールスター競輪はもともと勝ち上がり方式を採用していましたが、2005年にスケジュールのが変更が行われ、6日開催から5日開催で執り行われることが決定。

それに伴い、1次予選はポイント制に変更されました。

ただ、当時ポイント制で開催されるレースがなかった上に、ポイントの計算がわかりにくいため競輪ファンからは大不評。

そのため、勝ち上がり方式を再度採用し、2009年からしばらくポイント制での開催はありませんでした。

しかし、2021年の64回大会からは6日開催の復活に併せて、ポイント制でのレースが13年ぶりに開催。

そしてオールスター競輪2022も、1次予選はポイント制で行われることが決定しました。

着位ポイントは上記の画像の通り。

オールスター競輪2022 画像

第2走までの獲得ポイントの上位1~9位までの選手が、4日目に開催される特別レース「シャイニングスター賞」に出走。

10~63位が2次予選に出走することができます。

オールスター競輪2022の開催日は8月9日~14日

オールスター競輪2022も6日開催で執り行われることが決定。

開催日は2022年8月9日~14日となっています。

オールスター競輪2022 画像

一般競争の他にも、事前のファン投票で上位になった選手のみが出走できる「ドリームレース」「オリオン賞レース」という特別レースも開催されます。

これらのレースはポイントが優遇されていて、成績上位者は4日目に「シャイニングスター賞」に出走可能。

また、2日目の11Rと3日目の11Rには、ファン投票上位者の女子選手のみが出走する「ガールズドリームレース」が開催されます。

オールスター競輪2022の開催場所は西武園競輪場

オールスター競輪2022は、西武園競輪場での開催が決定しました。

オールスター競輪2022 画像

所在地やアクセス方法・入場料金は以下の通り。

所在地 埼玉県所沢市荒幡1215
バス JR「秋津駅」から約20分
タクシー 所沢ICより約15分
徒歩 西武園線「西武園駅」から約1分
入場料 100円
有料席 特別観覧席・ロイヤル席有り

本来入場には100円かかりますが、オールスター競輪2022は無料となっています。

無料バスは現在運行中止なので、車以外で向かう方は西武園駅から徒歩で向かいましょう。

オールスター競輪2022の優勝賞金は5168万円

オールスター競輪2022の優勝賞金は、ここ数年の開催で最も多い…

5168万円!!

昨年は約4,500万円なので、700万円ほど賞金が上がりました。

1着以降の賞金は以下のとおりです。

着順 賞金額
1着 5,168万円
2着 2,267万円
3着 1,856万円
4着 1,230万円
5着 984万円
6着 823万円
7着 737万円
8着 676万円
9着 614万円

G1レースの中でもかなり優勝賞金が高くなっています。

よって、このレースで優勝できるかどうかで、年末のグランプリに出場できるかどうかが大きく左右されるでしょう。

オールスター競輪2022の入場数の上限は5000人

オールスター競輪2022 画像

コロナウィルスが蔓延している昨今、各競輪場では入場人数に制限を設け蔓延措置を取っています。

G1レースは、注目度が高く多くの方が来場するため、入場制限が実施される可能性が高いです。

オールスター競輪2022も蔓延措置が取られることが決定していて、入場数が5000人を超えると入場規制が実施されます。

今後の感染数によっては、入場可能人数が変更となる場合があるので、事前にオールスター競輪2022の特設ページを確認してから向かいましょう。

オールスター競輪2022のファン投票ランキングTOP10をご紹介!

ファン投票により出場選手が決まるオールスター競輪。

今年2022年は、どの選手が人気を集めたの気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで、ファン投票ランキングTOP10をご紹介します。

順位 選手名 府県 投票数
第1位 平原康多 埼玉 12,709票
第2位 松浦裕司 広島 12,155票
第3位 郡司浩平 神奈川 12,052票
第4位 古性優作 大阪 10,810票
第5位 佐藤慎太郎 福島 10,080票
第6位 脇本雄太 福井 9,730票
第7位 清水裕友 山口 8,433票
第8位 吉田拓矢 茨城 8,047票
第9位 深谷知広 静岡 6,483票
第10位 新田祐大 福島 5,092票

1位は、12,709票で平原康多選手でした。

平原康多選手は昨年のGPで2位という好成績を収めましたが、今年に入ってからG2・G1でいい結果を残していません。

オールスター競輪2022では、ファンの期待に答えていい結果を残すことができるのかどうか要注目です!

オールスター競輪2022の出場者は?

ファン投票に加え以下の基準に基づき出場者が決定されます。

  • S級S班在籍者
  • 過去3回以上の優勝経験がある選手
  • 選考対象期間において2ヶ月以上JCFトラック種目強化指定選手に所属した選手
  • 1~3で選抜された者を除く、ファン投票上位50位
  • 平均競走得点上位者
  • 選考委員会が推薦した選手

ファン投票上位選手だからといって出場するわけではありません。

状況によっては棄権する選手も中にはいるので、注目度の高い特別レースの出場者を確認しましょう。

【ドリームレース】

級班 選手名 府県 期別
S級S班 平原康多 埼玉 87期
S級S班 松浦悠士 広島 98期
S級S班 郡司浩平 神奈川 99期
S級S班 古性優作 大阪 100期
S級S班 佐藤慎太郎 福島 78期
S級1班 脇本雄太 福井 94期
S級S班 清水裕友 山口 105期
S級S班 吉田拓矢 茨城 107期
S級1班 深谷知広 静岡 96期

【オリオン賞】

級班 選手名 府県 期別
S級1班 新田祐大 福島 90期
S級1班 浅井康太 三重 90期
S級1班 山口拳也 岐阜 117期
S級1班 守澤大志 秋田 96期
S級1班 太田竜馬 徳島 109期
S級S班 宿口陽一 埼玉 91期
S級1班 村上義弘 京都 73期
S級1班 眞杉匠 徳島 113期
S級1班 町田太我 広島 117期

特別レースに出場する選手は、人気だけではなく実力が高い選手です。

特に、ドリームレースに出場する選手はS級S班ばかり。

重賞レース常連者が一堂に会するので、白熱したレースが展開されるでしょう。

オールスター競輪2022の全出場選手はこちら

オールスター競輪2022で勝つために必要な情報を大公開

ここからはオールスター競輪2022で勝負する際に必要な情報をご紹介します。

勝負予定の方はぜひしっかり把握した上で勝負してください。

まずは、開催場の西武園競輪のレース傾向からご紹介します。

西武園競輪のレース傾向

西武園競輪は、400mバンクを採用しています。

400mバンクは見なし直線距離が長いので、仕掛けるタイミングが早い先行選手は最終直線でスタミナ切れとなり捲られやすいです。

西武園競輪の過去のレース傾向を確認すると、全国同様に「逃げ」での決着が非常に少なくなっています。

オールスター競輪2022 画像

従って、オールスター競輪2022で勝負する際は「捲り」や「差し」を得意とする追い込みタイプの選手を中心に勝負するのがおすすめです。

>>西武園競輪のバンクの詳しい特徴はこちら

オールスター競輪の過去の歴代優勝者

次は歴代優勝者から、勝利の鍵となる情報を確認しましょう。

直近10年における優勝者をまとめたので、まずは御覧ください。

開催年 開催場 優勝者 府県
2021年 いわき平 古性優作 大阪
2020年 名古屋 松浦悠士 広島
2019年 名古屋 新田祐大 福島
2018年 いわき平 脇本雄太 福井
2017年 いわき平 渡辺一成 福島
2016年 松戸 岩津裕介 岡山
2015年 松戸 新田祐大 福島
2014年 前橋 武田豊樹 茨城
2013年 京王閣 村上義弘 東京
2012年 前橋 山崎芳仁 福島
2011年 岐阜 浅井康太 三重

歴代優勝者のうち渡辺一成選手以外は今年も出走します。

優勝時と級班が変わらない選手は、実力をキープしていると判断できるので、今大会でも好走が期待できるでしょう。

また、開催場が異なるのでオカルト要素に近いですが、過去10開催中4選手が福島地区の選手です。

すなわち40%の確率で福島地区の選手が勝利しているので、予想に迷ったら福島の選手で勝負するのもアリかもしれません。

現時点での賞金ランキング

賞金ランキング上位の選手は、今年調子がいい選手と判断することができます。

オールスター競輪2022で好走が期待できる選手を、直近の賞金ランキングから確認しましょう。

順位 選手名 府県 獲得賞金
第1位 古性優作 大阪 107,325,300円
第2位 脇本雄太 福井 105,470,300円
第3位 佐藤慎太郎 福島 90,338,000円
第4位 松浦悠士 広島 81,170,700円
第5位 平原康多 埼玉 57,756,000円
第6位 清水裕友 山口 51,093,000円
第7位 山田浩平 佐賀 48,438,000円
第8位 守澤大志 秋田 44,309,400円
第9位 郡司浩平 神奈川 40,817,000円
第10位 荒井崇博 佐賀 40,246,600円

賞金ランキングTOP10にランクインしているすべての選手が、オールスター競輪2022に出走予定です。

ランクインしている選手は、予選はなんなく突破してくれるでしょう。

出場したレースでは、ぜひ買い目に含んで勝負してみてください。

オールスター競輪2022の注目選手を予想!

先程紹介した予想に必要な情報を加味しつつ、オールスター競輪2022の注目選手を紹介します。

もし予想に迷った際は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、注目選手第3位からご紹介します。

第3位「守澤太志」選手

オールスター競輪2022 画像

氏名 守澤 太志(モリサワ フトシ)
生年月日 1985年07月20日
期別 96期
競争得点 115.00
脚質
 級班 S級S班
ホームバンク -
府県 秋田

守澤太志選手は、北日本地区に所属のS級S班の選手です。

昨年は12月に開催された【G3】開設69周年記念ひろしまピースカップで落車してしまい肋骨を骨折してしまいます。

その影響もあって、2022年前半は苦戦していましたが徐々に復調。

5月に開催された【G1】日本選手権競輪では決勝3着となり、獲得賞金を大きく上げ8位にランクイン。

前走の佐世保記念でも準優勝しオールスター競輪2022に向けはずみをつけたはずです。

63回大会、64回大会と決勝に進出しているので、今大会でも好走が期待できるでしょう。

第2位「平原康多」選手

オールスター競輪2022 画像

氏名 平原 康多(ヒラハラ コウタ)
生年月日 1982年06月11日
期別 87期
競争得点 116.14
脚質
 級班 S級S班
ホームバンク 西武園
府県 埼玉

平原康多選手は、西武園競輪場をホームバンクとするS級S班の選手です。

オールスター競輪のファン投票は2年連続1位と、競輪ファンから大人気の平原康多選手。

まだ、オールスター競輪で優勝はありませんが、今回はホームバンクでの開催です。

バンクの特徴を知り尽くしている平原康多選手なら、他県の選手よりも有利にレースを展開することができるでしょう。

また、宿口陽一選手や吉田拓矢選手などの若手選手の活躍もあり、関東勢はかなりいい流れにあります。

決勝進出で同ラインを組めば結束はかなり堅いので要注目です。

第1位「古性優作」選手

オールスター競輪2022 画像

氏名 古性 優作(コサク ユウサク)
生年月日 1991年01月01日
期別 100期
競争得点 119.33
脚質
 級班 S級S班
ホームバンク -
地区 大阪

古性優作選手は、近畿地区に所属するS級1班の選手です。

近畿勢の選手は今年開催された3つのレースを総なめにしていてかなり勢いがあります。

中でも古性優作選手は、昨年のオールスター競輪での優勝を皮切りに、競輪グランプリ、読売新聞社杯全日本選抜競輪、高松宮記念杯競輪で優勝と目まぐるしい活躍ぶりです。

現時点での、賞金ランキングも1位とかなり絶好調。

期待値はかなり高いので、積極的に狙いましょう!

オールスター競輪2022で楽に勝つには?

今回は、オールスター競輪2022についてご紹介しました。

勝負予定の方は、紹介した情報に加え競輪予想サイトを利用することがおすすめです。

競輪予想サイトは、情報収集から買い目設定までその道のプロがしているので、精度が高く公開された予想にそのまま乗るだけで稼ぐことができます。

競輪戦線では、これまで数々の競輪予想サイトを検証してきました。

その中で特にスタート轟は、今回の開催場西武園競輪場にて素晴らしい結果を残しているので詳しくご紹介します。

西武園競輪で12万円獲得できた予想を無料で公開中「スタート轟」

百聞は一見にしかず。ということでまずは証拠をお見せします。

西武園競輪で素晴らしい結果を収めた際の無料予想の結果をまとめたので、参考までに御覧ください。

予想サイトを使った成績
スタート轟 画像
参加回数 10回 的中 6回
的中率 60% 不的中 4回
投資金額 100,000円
払戻金額 293,100円
最高払戻金額 121,400円
回収率 293%
平均配当 29,310円
合計収支 193,100円
ーー競輪の結果一覧
参加レース ○☓ 獲得金額
02/15 西武園7R +121,400円
02/11 大垣7R +4,600円
02/05 和歌山8R +56,700円
01/29 立川6R −10,000円
01/22 豊橋6R +19,400円
01/21 小田原6R +800円
01/20 小田原6R +23,900円
01/19 小田原8R −3,700円
01/16 大宮7R −10,000円
01/13 小松島11R −10,000円

西武園競輪場ではなんと121,400円の払い戻しを獲得!!

無料で閲覧できる予想でここまで稼げたというのだから驚きです。

なぜ、スタート轟がここまでの結果を残すことができるのか?

その秘訣は、スタート轟が最新式のAI技術を用いていることにあるようです。

過去の膨大のデータを分析して、常に最新の予想方法を構築。

その上で買い目を作成しているので、抜群の予想精度を誇ります。

ちなみに、有料予想は「回収率」を重視した予想内容となっていて、管理人が実際に参加した結果…

スタート轟 画像

スタート轟 画像

834,480円獲得!!

スタート轟は、このような稼げる予想を毎日”無料”で公開しています。

予想に参加するしないは自由ですが、西武園競輪場で勝負するなら押さえておいて損はありません。

メールアドレスさえあれば1分で予想を閲覧できるので、この機会に是非チェックしてみてください‼

CTA_button

LINE公式アカウント始動

競輪戦線の”激アツ情報”を配信するLINE公式アカウントが遂に始動!

管理人のボクが「マジで稼げる予想」をテーマにお届けしています。

ボクが今まで自腹で検証し、「当たる・稼げる」事を証明してきた数々の予想サイト。

もちろんその調子にも波がありますが、それを挽回する力も持っています。

更に言うなら、その時に1番調子の良いサイトを知っていればコスパ良く稼ぐ事も可能です。

競輪戦線では”今”稼げるサイトをLINE公式アカウントに登録して頂いた方限定で配信!

厳選された予想の「最前線」をぜひこの機会にお試し下さい。

line-qr
LINE公式アカウント

ID検索「@166iephg」

※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。

←QRコードで友だち追加の方はこちら。

このコラムに関する口コミ

  1. コメントはまだありません。

このコラムに関する口コミを募集しています