競輪グランプリ2022を解説!出場条件・前夜祭・売上・開催日程は?

競輪グランプリ アイキャッチ

どうも。

競輪戦線のボクです。

今回は、競輪グランプリ2022についてご紹介します。

競輪グランプリ 画像

競輪のレースは、6つのグレードに分類。

その中でも、競輪グランプリは競輪における最高峰のレースとして位置づけられています。

年末の恒例行事であり、多くの競輪ファンが熱狂。

今回は、そんな「競輪グランプリ2022」について徹底解説します。

競輪グランプリの概要や賞金開催地の他にも、出場選手や出場条件などもご紹介するので、ぜひ最後までお付き合いください。

競輪グランプリとは?概要・歴史について

競輪グランプリとは、その年のNo.1選手を決める競輪最高峰のレースとして位置づけられています。

毎年12月30日に開催され、その年の賞金王が決定。

大会方式は、通常のトーナメント制ではなく、9人のS級S班所属選手たちが競い合う、一発勝負のレースです。

まさに「日本一の実力決定戦」と言えるでしょう。

そんな競輪グランプリは2022年で38度目の開催です。

競輪グランプリは、38年の間でどのような歴史を歩んできたのか、概要と併せてご紹介します。

発祥の地は立川競輪

keiringp-2

競輪グランプリの始まりは、1985年に通商産業省の西川禎一が「有馬記念に匹敵するレースを競輪でも行えないものか?」と発案したことがきっかけでした。

ただ、この案が出たのは10月頃で、年末の開催が予定されていたことから、急な決定に競輪界は混乱していたそうです。

なので、開催地として名乗りを挙げる競輪場はほとんどありませんでした。

それを受けて通産省は、首都圏に立地し多くの観客が収容できるという観点から、立川競輪を開催地として選定。

これにより立川競輪は「競輪グランプリ発祥の地」として、歴史に刻まれることとなりました。

そんな立川競輪での記念すべき初開催では、39019人ものファンが押しかけ、当時では画期的とも言える売上10億円を達成。

その後は、1989年の開催中止を除いて毎年開催されています。

グレードが最も高い最高峰のレース

keiringp-22

競輪のレースにおけるグレードは、F2・F1・G3・G2・G1・GPの6つ。

その中でも「G3・G2・G1・GP」のレースを「グレードレース」と呼び、特に格式の高いレースとして位置づけられています。

まずは「G3・G2・G1」それぞれのレースについて説明すると…

グレード 概要 出定条件
G1 計6つのレースに分類。
優勝者はGPへの出場権を得る。
選考基準を満たしたS級の上位者
G2 G1の次に格が高いグレードレース。
計3つのレースに分類。
選考基準を満たしたS級の上位者
G3 各競輪場の開設を記念して開催される。 S級の選手

以上のように、各グレードごとに概要や条件が異なります。

G1~G3までは、複数のレースが開催されますが「GP」というグレードにおいては競輪グランプリの1レースのみです。

もちろん、G1~G3のレースも大きな注目を浴びますが、競輪グランプリの盛り上がりは別格。

間違いなく競輪最高峰の大会であり、全ての競輪選手たちは、出場することこそが最大の名誉と言っても過言ではありません。

優勝賞金は1億円

keiringp-3

競輪グランプリは競輪最高峰の大会でもあり、選手たちの憧れの舞台となっています。

そんな競輪グランプリの優勝賞金は約1億円です!!

競輪グランプリの次に優勝賞金が多いレースは「日本選手権」の約6000万円なので、圧倒的な差があります。

もちろん、優勝賞金だけではなく2位以下の賞金も他のレースと比べて高いです。

そこで、昨年開催された競輪グランプリ2021の順位別の獲得賞金を見ていきましょう。

順位 賞金額
1 103,300,000円
2 21,950,000円
3 13,280,000円
4 8,960,000円
5 7,430,000円
6 6,450,000円
7 6,130,000円
8 5,900,000円
9 5,690,000円

2位は2000万円以上、3位でも1000万円以上の賞金を獲得することができます。

今でこそ優勝賞金は1億円ですが、1985年の第1回の優勝賞金は1000万円でした。

その後は、年々少しずつ増額されていき、2004年に初めて優勝賞金が1億円に到達。

2004年以降は、毎年増減を繰り返しています。

初開催の優勝者は中野浩一

keiringp-5

競輪グランプリの記念すべき初優勝者は中野浩一さん。

中野浩一さんは「ミスター競輪」と呼ばれ、プロスポーツ史上初の年収1億円を達成するなど、現在でも語り継がれる競輪界のレジェンドです。

初代優勝者という肩書を手にしたのは中野浩一さんですが、歴代の優勝者の中でも様々な記録が打ち立てられています。

その一部をご紹介すると…

  • 最年少優勝:深谷知広
  • 最年長優勝:山口幸二
  • 最多優勝:山田裕仁・井上茂徳
  • デビュー最速優勝:吉岡稔真
  • 最多出場:神山雄一郎

どの選手も競輪ファンであれば知っているような名選手ばかりですね。

なお、第一回からの優勝者の平均年齢は30歳。

それに対して、最年少優勝の記録を保持している深谷知広選手は、当時21歳での達成なので、凄さが際立ちます。

車券の過去最高売上は約100億円

keiringp-16

競輪のレースにおいて、車券の売上がそのレースの盛り上がりを示しているといっても過言ではありません。

なので、歴代の競輪グランプリにおける車券の過去最高売上はいくらなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、調査した結果…

競輪グランプリの過去最高売上は1996年立川競輪での開催で約100億円となっています。

ここ数年の車券の売上は50〜60億円台なので、1996年の盛り上がりはとてつもなかったことが想像できますね!

3連単の過去最高配当は22万円

keiringp-7

競輪において「3連単」は最も難易度が高い賭式と言われています。

しかし、的中確率が低い反面、的中したときの配当金額が大きくなるので、ロマンがある賭式とも言えるでしょう。

ただ、競輪グランプリはトップ選手のみが出場できる最高峰の大会であるため、実際はどのくらいの配当が出ているのか気になるところです。

そこで、調査をしたところ…

歴代の競輪グランプリにおける3連単の最高配当は、2020年の221,650円でした!!

2位は、2005年の145,740円なので、7万円もの差が生じています。

2020年は、過去最高レベルに誰が優勝してもおかしくないようなメンバーだったので、人気が分散したことが要因なのではないでしょうか。

今後、この配当額を塗り替える時がくるのか注目です!

競輪グランプリ2022の開催情報をご紹介

ここまでは、競輪グランプリの概要と歴史についてご紹介しました。

競輪グランプリがどのような大会であるのかを理解頂けたのではないでしょうか。

ここからは、2022年の12月28日から開催される「競輪グランプリ2022」についてご紹介します。

「時間は何時?」「いつどこで開催されるの?」などといった気になる詳細情報についても紹介するので、ぜひご覧ください。

開催地は平塚競輪

競輪グランプリ2022年の開催地は平塚競輪に決定。

keiringp-6

所在地やアクセス方法・入場料金などの詳細は以下の通りです。

所在地 神奈川県平塚市久領堤5-1
無料バス JR「平塚駅」から5分
タクシー 茅ヶ崎海岸ICから約20分
徒歩 JR東海道線「平塚駅」から約17分
入場料 100円
有料席 特別観覧席・ロイヤル席有り

平塚競輪は、最寄り駅の平塚駅から徒歩で17分と、やや離れた位置に立地しています。

駅から無料バスが出ていますが、当日は混雑が予想されるため、車での来場がおすすめです。

注意点としては、通常開催時に利用できる駐車場とは異なり、30日のみ臨時駐車場が開放されるので、詳細は平塚競輪のHPをご覧になってください。

開催日程は2022年12月28日〜30日

競輪グランプリ2022のは、例年通り3日間に渡って開催されることが決定。

開催日は12月28日~30日となっています。

keiringp-8

3日間の注目レースは…

  • 28日「ヤンググランプリ」
  • 29日「ガールズグランプリ」
  • 30日「KEIRINグランプリ」

以上となります。

その中でも、30日の最終レース「KEIRINグランプリ」は言うまでもないですが、29日の「ガールズグランプリ」はガールズケイリンにおける最高峰の大会なのでこちらも注目です。

どのレースもハイレベルな選手たちが出走するので、あっという間の3日間になりそうですね!

出走時間は16時30分から

keiringp-9

競輪グランプリ2022は最終日の12月30日の11Rに開催。

出走時間は16時30分〜予定されています。

ただ、12月30日はグランプリの前にも様々なレースが行われるので各レースの出走時間を確認しましょう。

レース 時間
1R〜3R S級一般 10:20〜11:30
4R〜6R S級選抜 11:50〜13:10
7R〜9R S級特選 13:40〜15:10
10R S級決勝 15:40〜15:50
11R KEIRINグランプリ 16:30〜

10時20分から1R目がスタート。

3Rがまとめて開催され、インターバルとして20~30分の休憩を挟みます。

どのレースも注目ですが…

10Rの「寺内大吉記念杯競輪」の決勝も見どころの1つなので、グランプリの前哨戦として観戦してみてはいかがでしょうか!

優勝賞金額は約1.2億円

keiringp-11

競輪グランプリ2022の優勝賞金は、過去最高額の1億1,880万円!!

昨年は1億330万円なので、約1000万円ほど金額が上がりました。

1着以降の賞金は以下のとおりです。

順位 賞金額
1 1億1,880万円
2 2,520万円
3 1,530万円
4 1,030万円
5 854万円
6 742万円
7 705万円
8 679万円
9 654万円

2位は2000万円以上、4位でも1000万円以上の賞金を獲得することができます。

もちろん出場したからには優勝を狙いに行くはずですが、出場しただけでもかなりの収入を得られるのも魅力的ですね。

また、先頭誘導員にも20万円の賞金が与えられます。

競輪の先頭誘導員の賞金は、F1・2レースで3000~10,000円。

G1決勝の場合は10万円とレースのグレードが上がるごとに賞金額もアップします。

これらと比較しても、競輪グランプリの賞金20万円は圧倒的なので、選手だけではなく先頭誘導員にとっても夢の舞台なのかもしれませんね。

入場制限は2万人

keiringp-12

コロナウィルス感染症対策の観点から、各競輪場では入場人数に制限を設けています。

競輪グランプリ2022の入場制限は2万人。

2017年に平塚競輪で開催されたグランプリの最終日来場者数は1.6万人なので、収容人数には余裕がありそうです。

ただ、特別観覧・ロイヤル席は事前に抽選が必要となっています。

当日は混雑が予想される上、今後の感染数によっては、入場可能人数が変更となる場合があるので、事前に平塚競輪のHPを確認してから向かいましょう。

競輪グランプリ2022の出場資格・条件

keiringp-14

競輪グランプリ2022に出場するための前提条件として、開催時にS級に在籍していることが必須です。

さらに、競輪で最もグレードの高いS級選手の中から、厳しい以下の出場資格が設けられています。

  • 開催年のG1優勝者
  • 獲得賞金上位9選手
  • 世界選手権自転車競技大会や夏季オリンピックでの自転車トラックレース競技個人種目成績優秀者

競輪グランプリ2022の出場資格は以上の3点。

3点目の選考基準に関しては、S級選手以外も対象となりますが、ほとんどない事例です。

なので基本的には、G1優勝者と獲得賞金上位9人の中から選抜されます。

競輪グランプリ2022の出場決定選手一覧

競輪グランプリ2022に出場する選手が確定しました。

出場選手のメンバー表は以下の通りです。

keiringp-13

選手名 級班 府県 GP出場回数 期別 年齢
古性優作 SS 大阪 2年連続2回目 100 31
脇本雄太 S1 福井 2020年以来4回目 94 33
新田祐大 S1 福島 2020年以来8回目 90 36
新山響平 S1 青森 初出場 107 29
松浦悠士 SS 広島 4年連続4回目 98 32
郡司浩平 SS 神奈川 4年連続4回目 99 32
守澤太志 SS 秋田 3年連続3回目 96 37
佐藤慎太郎 SS 福島 4年連続8回目 78 46
平原康多 SS 埼玉 10年連続13回目 87 40

厳しい参加条件をクリアした以上の9名が競輪グランプリ2022の出場選手です。

また、この9名の中で出場辞退者が出た場合の補欠として、清水裕友選手が選ばれています。

初出場は最年少29歳の新山響平選手のみ。

それ以外は、昨年のグランプリに出走した6選手に加え、2020年以来の出場となった新田祐大選手と脇本雄太選手が選ばれました。

競輪グランプリ2022の見どころは?

出場選手や開催の詳細が決まり、開催前から盛り上がりを見せている競輪グランプリ2022。

そんな、競輪グランプリをより楽しむために、注目すべきポイントやみどころをご紹介したいと思います。

グランプリは歴代記録更新に注目!

keiringp-21

3日間の開催で1番注目が集まるレースは言うまでもなくKEIRINグランプリです。

まず、注目すべき点としては、東京五輪で活躍した脇本雄太選手と新田祐大選手が出場することではないでしょうか。

世界の舞台で戦った脚は、間違いなく武器になることでしょう。

また、開催地である平塚競輪は、過去に最年長優勝と最年少優勝など様々な記録が打ち立てられた競輪場としても知られています。

今回出場する佐藤慎太郎選手が優勝すれば、最年長優勝記録更新となるので注目です。

グランプリ ブログカード

ヤンググランプリはブレイク間近の若手に注目!

keiringp-20

ヤンググランプリは、デビューから3年以内の新人選手のみが出場できる、いわば「ルーキーNo.1決定戦」。

ただ、新人選手全員が出場できるわけではなく、競走得点上位9名のみが出走を許されています。

なので、デビュー年からヤンググランプリに出場するのは極めて困難。

出場チャンスは実質2回しかないと言えるでしょう。

この少ないチャンスで誰が栄光を掴むのかが見どころです。

有力選手はなんといっても昨年のヤンググランプリにも出場した山口拳矢選手。

競輪グランプリを2度制覇した山口幸二さんを父に持ち、デビュー年にS級に特昇するなど若手有望株の筆頭です。

その他にも、今年大活躍した吉田有希選手や犬伏湧也選手も出場。

ネクストブレイクが決まると言っても過言ではないヤンググランプリで誰が栄光を掴むのかに要注目です!

ヤンググランプリ ブログカード

ガールズグランプリは実力者3人の三つ巴で大波乱の予感!

ガールズグランプリ 画像

ガールズグランプリは、男子競輪を上回る勢いの人気を誇る「ガールズケイリンのNo.1」を決めるレースです。

優勝者は、ガールズケイリンにおける最高額の1000万円の賞金に加え、高級外車のレクサスが贈呈。

更に、第4回大会からは「ティアラ」も贈呈されるようになったので、その名の通り”女王”の称号が決まります。

今年の見どころは、昨年の屈辱を晴らすべく意気込んでいる児玉碧衣選手と、トライアルレースを制した佐藤水菜選手、年末にかけてギアを上げてきた石井寛子選手の三つ巴。

中でも管理人が注目しているのは、佐藤水菜選手です。

佐藤水菜選手は自転車競技でも活躍している選手で、今年は世界大会でメダルを獲得。

ガールズケイリンフェスティバルでも完全優勝を果たすなど、これまでとは比べ物にならないほど急成長しています。

これまで、2018年から3連覇した児玉碧衣選手一強の雰囲気がありましたが、それを崩す選手が表れるのか…要注目です!

ガールズグランプリ2022 ブログカード 画像

競輪グランプリ2022に関するよくある質問

keiringp-15

ここまでは、競輪グランプリ2022の詳細についてご紹介しました。

競輪グランプリ2022がどのような大会であるのかを理解頂けたのではないでしょうか。

ここからは、競輪グランプリ2022に関するよくある質問とその答えをご紹介します。

Q.車番の決め方は?

keiringp-25

競輪グランプリにおける車番の決め方は、統一したルールはありません。

これまでは、公開抽選や希望選択性、選考順位順など、年によって様々な方式が採用されてきました。

競輪グランプリ2022については情報が公開されていません。

なので、情報が確認でき次第、追記します。

Q.過去の結果・オッズを見るには?

keiringp-26

過去の結果・オッズを確認できる主なサイトは以下の通りです。

  • KEIRIN.JP
  • 楽天Kドリームス
  • ウィンチケット
  • オッズパーク
  • 競輪ステーション

どれも大手のサイトばかりですが、その中でもKEIRIN.JPのHPから閲覧することをおすすめします。

KEIRIN.JPは、公益法人JKAが運営する競輪の公式サイトです。

最新情報などもいち早く手に入れることができます。

また、過去レースのリプレイ映像を見たい方はKEIRN STATIONで閲覧可能です。

Q.車券はいつから買える?

keiringp-27

競輪グランプリ2022の車券発売開始日時は、12月29日(木)18:30~となっています。

なお、有料指定席の前売りは12月8日(木)12:00です。

発売方法を確認すると…

  • 「CTCによる電話・インターネット投票」及び「民間ポータルサイト」での購入
  • 平塚競輪本場、場外車券売場(競輪場・サテライト等)では、各レース実施日当日のみ購入可能

以上のようになっています。

また、民間のポータルサイトによって、発売開始時間が異なるので購入するさいは注意してください。

Q.開催されるイベントは?

keiringp-28

12月28日〜30日までの3日間、毎日イベントが開催されます。

キングオブコントファイナリストのライブや、元K-1選手の魔娑斗さんのトークショーなど注目のイベントが盛りだくさん。

競輪以外の分野でも楽しむことができます。

各日程のイベントスケジュールを知りたい方は、平塚競輪のHPで確認してみてください。

Q.前夜祭の開催日は?

keiringp-29

競輪グランプリ2022の前夜祭の開催日は、12月20日(火)午後6時30分〜7時30分となっています。

開催場所は「グランドニッコー東京台場」。

競輪グランプリに出場する選手の9名がスーツ姿で登場します。

普段のユニフォーム姿からは想像できないような選手たちを見ることができるので注目です。

Q.ライブ配信はどこで見れる?

keiringp-30

競輪グランプリのライブ配信動画は、現時点でスカパーでの配信が決定しています。

スカパーでは12月21日に開催される共同記者会見の様子も配信されるようなので、必見です。

また、YouTubeやニコニコ動画でのライブ配信も予想されますが現時点で、情報の詳細は確認できていません。

今後、ネットでの配信情報も更新されていく予定なので情報が確認でき次第、追記します。

Q.テレビの生放送は?

keiringp-31

競輪グランプリ2022のテレビでの生放送は地上波放送と、CS・ケーブルテレビ放送に分かれています。

地上波は、日本テレビ系の「坂上忍の勝たせてあげたいTV」。

CS・ケーブルテレビは「SPEEDチャンネル」にて放送予定です。

放送内容の詳細などは各テレビ局のHPを御覧ください。

競輪グランプリ2022で楽に勝てる裏技をご紹介

今回は、競輪グランプリ2022についてご紹介しました。

競輪グランプリ2022は、競輪における最高位のS級選手かつ、その中から選ばれた9人しか出場することのできない大会です。

選考基準は、全てのレースの中で最も厳しいので、選ばれた選手は競輪界を代表する選手と言えるでしょう。

ただ、厳選された9人であるがゆえに、選手間の実力差はほとんどありません。

そのため、勝負に勝つためには相当難易度が高いと言えるでしょう。

そこで、勝負予定の方におすすめしたのが競輪予想サイト!!

競輪予想サイトは、情報収集から買い目設定までその道のプロがしているので、精度が高く公開された予想にそのまま乗るだけで稼ぐことができます。

競輪戦線では、これまで数々の競輪予想サイトを検証してきました。

その中で特に競輪ライドは、今回の開催場平塚競輪にて素晴らしい結果を残しているので詳しくご紹介します。

的中率と回収率のバランスが抜群「ケイリン宝箱」

ケイリン宝箱 画像

戦績 150戦109勝41負
的中率 72.7%
回収率 205.7%
累計収支 1,590,350円

ケイリン宝箱は、予想精度の高さに定評がある競輪予想サイトです。

実際に管理人が無料予想を検証したところ…

150戦参加しているにも関わらず70%近い的中率をキープしました。

更に、回収率205.7%と爆発力も兼ね備えており、的中率・回収率共にバランスが抜群。

堅めに決着しやすい競輪場はもちろん、平塚競輪のような荒れやすい競輪場の特徴もしっかり抑えているからこそ的中率・回収率ともに高い数値をキープできているのでしょう。

ちなみに、有料予想は「回収率」を重視した予想内容となっていて、管理人が実際に参加した結果…

ケイリン宝箱 有料 画像

241,670円の払い戻しを獲得!!

無料予想とは比にならない額を稼ぐことができました。

もちろん参加はおまかせしますが、無料予想なら登録するだけで閲覧できるので押さえておいて損はありません。

特に、平塚競輪のような荒れやすい競輪場で勝負するなら買い目のチェックは必須。

ケイリン宝箱とご自身の買い目を比較するだけでも勝率は大きく変わるので、この機会にぜひ押さえておきましょう。

更に現在登録すると10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンが開催中なので、迷ったら登録しておくことをおすすめします!

投稿ページへのリンク
CTA_button

LINE公式アカウント始動

競輪戦線の”激アツ情報”を配信するLINE公式アカウントが遂に始動!

管理人のボクが「マジで稼げる予想」をテーマにお届けしています。

ボクが今まで自腹で検証し、「当たる・稼げる」事を証明してきた数々の予想サイト。

もちろんその調子にも波がありますが、それを挽回する力も持っています。

更に言うなら、その時に1番調子の良いサイトを知っていればコスパ良く稼ぐ事も可能です。

競輪戦線では”今”稼げるサイトをLINE公式アカウントに登録して頂いた方限定で配信!

厳選された予想の「最前線」をぜひこの機会にお試し下さい。

line-qr
LINE公式アカウント

ID検索「@166iephg」

※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。

←QRコードで友だち追加の方はこちら。

このコラムに関する口コミ

  1. コメントはまだありません。

このコラムに関する口コミを募集しています