競輪のバンクについてご紹介!種類・距離・名称は!?

競輪 バンク アイキャッチ

競輪のバンクとは何か?

競輪 バンク 選手写真

どうも。競輪戦線のボクです。

今回は競輪のバンクについてご紹介。

競輪におけるバンクとは、選手が走行するコースのこと。

勝負する際は、バンクの周長や特徴を把握した上で予想を立てることが非常に重要です。

競輪場は全国で43カ所存在していて、走行距離などそれぞれのバンクで特徴が異なります。

このバンクの違いによって、レースの展開も変わってくるので一つ一つ確認していきましょう。

競輪のバンク周長・レース距離について

全国に43ヶ所ある競輪場ですが、競輪場によってバンクの長さが異なります。

競輪では、バンク一周の長さのことを「周長」と呼び333mバンク」「400mバンク」「500mバンク」の3種類が存在。

それぞれの周長によって、特徴や有利な決まり手が異なるのでしっかり把握しましょう。

333mバンク

競輪 300mバンク

333mバンクは、周長が「333m」のバンクのことを差します。

この333mバンクがある競輪場は「前橋」「松戸」「小田原」「伊東温泉」「富山」「奈良」「防府」7カ所。

3種類のバンクの中で最も周長が短いですが、レースの距離が短くなるわけではありません。

競輪では全てのバンクで約2000mになるようにレースが設定されています。

従って、333mバンクではバンクを6周する必要があるということを覚えておきましょう。

333mバンクの特徴は、直線距離が短いということが挙げられます。

そのため333mバンクでは、後方選手が加速するための直線距離を確保しづらいです。

よって決まり手としては「逃げ」が決まりやすいということを念頭に置き予想を立てましょう。

400mバンク

競輪 バンク 写真

400mバンクは周長が「400m」のバンクのことです。

この400mバンクでレースが行われる場合、バンクを5周する必要があります。

全国31カ所に400mバンクが設置されていて、400mバンクは競輪で最もスタンダードなバンクといっても過言ではありません。

400mバンクの特徴としては「差し」が決まりやすい傾向にあるということが挙げられます。

しかし、400mバンクは癖がないので、勝負する際は競輪場毎の特徴を押さえた上で予想を立てる必要があるので注意してください。

500mバンク

競輪 バンク 500m

500バンクとは周長が「500m」のバンクのこと。

この500mバンクでレースが行われる場合、バンクを4周する必要があります。

500mバンクは、全国で最も少なく全国に3カ所しかありません。

3つの種類の中でもマニアックなバンクであり、予想するのも難しいバンクです。

そのため初心者の方は、避けるべきバンクと言えるでしょう。

500mバンクの特徴は直線距離が長いことが挙げられます。

よって最終直線で加速するための距離を確保できるので、決まり手としては「差し」が決まりやすいです。

バンクのライン名称について

競輪バンク 名称

バンクには、指定の場所を表している専門用語が数多く存在。

また、実際のバンクには線でラインが引かれています。

種類は、「ホームストレッチライン」「バックストレッチライン」「25mライン・30mライン」「内圏線・外帯線」などがあります。

それぞれ何を指すか、勝負する前にしっかり把握しておきましょう。

ホームストレッチライン

ホームストレッチラインは、バンクのホーム側に直線で引かれているラインのことを差します。

このホームストレッチラインは、ゴール線でもあるため一番目立つラインといっても過言ではありません。

また、レースの最終周にホームストレッチラインを先頭で通過した選手は、出走表のHの回数が加算されていくということを覚えておきましょう。

バックストレッチライン

バックストレッチラインは、ホームストレッチラインや25m・30mラインの反対側に引かれている線のことです。

このバックストレッチラインは、ホームストレッチラインから半周程度のところに引かれています。

最終周に先頭で通過した選手は、出走表のBの回数が加算されていきます。

25m・30mライン

バンクの発走線から25m先にあるのが25mライン。

ホームストレッチラインから30m手前にあるのが、30mラインになります。

それぞれ特徴が異なり、選手全員が25mラインを通過するまでに落車をしてしまうとレース再発走。

30mラインの場合はライン通過後に落車しても、自転車を担いでゴールを目指しても良いことになっています。

内圏線・外帯線

内圏線は、バンクの一番内側に引かれてたラインのこと。

選手は、レース中に内圏線の内側を走ることを禁止されています。

外帯線は、内圏線から70cm程度の場所に引かれたラインのこと。

選手が外帯線を走っている場合は、後方選手が内側から追い抜くことは禁止とされています。

外帯線の内側から抜いていき、それが原因となって落車が発生した際にはその選手は失格となるのが特徴です。

バンクの特徴と予想ポイントについて

競輪 バンク 写真2

バンクには「見なし直線距離」「カント」「ホーム幅・バック幅・センター幅」「最高上がりタイム」など予想を立てる際に把握しておきたい特徴があります。

競輪で勝負する際は、バンクの特徴を押さえて予想を立てることが重要になるので、それぞれの特徴をひとつひとつご紹介。

見なし直線距離

見なし直線距離とは、最終コーナーを抜けて、ゴールであるホームストレッチラインまでの直線距離のこと。

500mバンクが見なし直線距離が一番長くなり、反対に333mバンクが一番短くなります。

先程も紹介しましたが、見なし直線距離の短い333mバンクで有利な決まり手は「逃げ」。

逆に、見なし直線距離が長くなる500mバンクでは「差し」の決まり手の勝率が高くなる傾向があります。

カント

カントとは、競輪場のバンクにある傾斜の角度のことをいいます。

このカントは競輪場ごとに傾斜の角度が異なり、直線で2〜4度程度。

コーナーでは、25〜35度で設定されていることが多いです。

このカントがあることで選手は、コーナーでスピードを落とすことなく走行することが可能。

その他には、落車などの事故を減らすための役割があります。

通常であれば、速いスピードでコーナーを曲がる際には遠心力が原因で落車しやすいです。

しかし、カントを設けることで自転車をまっすぐに立てて、スピードを落とさずに曲がることが可能となります。

ホーム幅・バック幅・センター幅

バンク内のホーム幅・バック幅・センター幅は、競輪場ごとに幅の広さが変わってきます。

基本的な長さとして、 ホーム幅が10m程度であり、バック幅が9m程度、センター幅が8m程度で設定。

当たり前ですが、走行幅が狭いと捲りづらいので、後方選手が不利になる傾向があります。

最高上がりタイム

最終周では、バックストレッチライン~ゴールまでのタイムを計測。

このタイムを「上がりタイム」と言います。

「最高上がりタイム」は、競輪場毎に記録されている上がりタイムの最高タイムのことです。

上がりタイムが早い選手は、ラストスパートが早い選手と言えるので予想を立てる際は、選手の上がりタイムにも注目しましょう。

「競輪のバンクについて」まとめ

競輪 バンク

今回は、競輪のバンクについてご紹介しました。

紹介した特徴をしっかり押さえて勝負することで勝率を上げることができるでしょう。

更に、的中率を上げるためには競輪場毎のバンクの特徴をしっかり把握する必要があります。

競輪戦線では、直近で重賞レースが開催される開催場の特徴をまとめているのでそちらも参考にしてください。

おすすめの競輪予想サイトをご紹介します

皆様、競輪にも予想サイトがあることはご存知でしょうか?

競輪予想サイトと聞くと、

「本当に当たるの?」

「胡散臭い」

「登録したら変なサイトからメールがくる」

マイナスなイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

はっきり言うと、中には稼げない悪徳競輪予想サイトもありますが、稼げる競輪予想サイトももちろんあります!

競輪戦線ではガチで5万円を用意し、自腹で徹底検証しています。

ボクのお金が減らず、5万円から増え続けている競輪予想サイトのみ「優良」認定しているので、サイトの利用に迷っている方はボクがご紹介するサイトをご利用下さい。

もちろん優良認定している競輪予想サイトは全て登録無料。

無料予想も毎日提供しています。

変なメールが届くということも一切ないのでご安心して下さい。

\競輪予想サイト一覧/

競輪戦線のバナー

LINE公式アカウント始動

競輪戦線の”激アツ情報”を配信するLINE公式アカウントが遂に始動!

管理人のボクが「マジで稼げる予想」をテーマにお届けしています。

ボクが今まで自腹で検証し、「当たる・稼げる」事を証明してきた数々の予想サイト。

もちろんその調子にも波がありますが、それを挽回する力も持っています。

更に言うなら、その時に1番調子の良いサイトを知っていればコスパ良く稼ぐ事も可能です。

競輪戦線では”今”稼げるサイトをLINE公式アカウントに登録して頂いた方限定で配信!

厳選された予想の「最前線」をぜひこの機会にお試し下さい。

line-qr
LINE公式アカウント

ID検索「@166iephg」

※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。

←QRコードで友だち追加の方はこちら。

このコラムに関する口コミ

  1. コメントはまだありません。

このコラムに関する口コミを募集しています