ヤンググランプリ2023の予想方法を解説!時間をかけず楽に勝負できる方法もご紹介!

どうも。

競輪戦線管理人のボクです。

みなさんヤンググランプリ2023で勝負する準備はできていますか?

ヤンググランプリ2023

2023年12月28日~30日にかけてKEIRINグランプリシリーズ2023が立川競輪にて開催されます。

その中で1日目のメインレースとして開催されるのが、ヤンググランプリ

そんなヤンググランプリでは、デビュー3年以内のルーキー達が激しい争いを繰り広げます。

ただデビューして間もない選手ばかりなので、データも揃っておらず予想は困難。

そこで競輪戦線では、過去10年のデータからレース傾向・予想ポイント、注目選手まで、ヤンググランプリ2023で勝つために必要な情報を徹底的に解説します。

また記事前半では、精度の高い無料予想を公開しているサイトを紹介していますので、時間や労力をかけずに勝負したい方は参考にしてください。

>>競輪グランプリ2023の予想はこちら

>>ガールズグランプリ2023の予想はこちら

目次

ヤンググランプリ2023の予想をゲットするならココ!4サイトの勝負結果を徹底比較!

まず初めに、競輪歴に関わらず誰でも簡単に勝てる予想方法をご紹介します。

それはずばり・・・当たる予想に丸ノリすること!

忙しい日々を送っている現代人は、既にサイトの予想に丸ノリしている方も多いと思います。

ただ、全てのサイトが必ず的中するわけではないので、勝率の高いサイトを選べるかが勝負の分かれ目です。

ということで、競輪戦線が無料で予想を公開している有名サイトをピックアップして比較してみました。

※全てにおいて買い目通りに勝負。推奨金額の記載がない場合は1点1,000円で購入。

日付 競輪カミヒトエ 当たる競輪 Kドリームス ウィンチケット
2023/09/07 立川5R  −10,000円【📷】 −4,000円【📷】 +31,400円【📷】 +49,000円【📷】
2023/08/08 立川6R  −10,000円【📷】 −4,000円【📷】 −18,000円【📷】 −46,000円【📷】
2023/07/11 立川5R  +42,500円【📷】 +43,500円【📷】 +28,500円【📷】 −46,000円【📷】
2023/04/06 立川6R  −10,000円【📷】 −4,000円【📷】 −24,000円【📷】 +298,400円【📷】
2023/03/17 立川6R  +10,900円【📷】 −12,000円【📷】 −3,100円【📷】 −46,000円【📷】
2022/12/19 立川5R  +7,200円【📷】 +11,200円【📷】 −6,800円【📷】 −46,000円【📷】
2022/10/25 立川6R  +7,300円【📷】 −12,000円【📷】 −24,000円【📷】 −11,000円【📷】
2022/09/29 立川7R  +4,100円【📷】 +8,100円【📷】 −9,900円【📷】 −6,500円【📷】
2022/08/24 立川6R  +71,700円【📷】 −12,000円【📷】 +57,700円【📷】 −46,000円【📷】
2021/12/15 立川6R  +118,400円【📷】 +116,400円【📷】 −24,000円【📷】 +23,000円【📷】

競輪カミヒトエ当たる競輪の成績が抜けている印象。

その中でも、競輪カミヒトエの安定感が群を抜いています。

さらに競輪カミヒトエは、回収率300%以上を記録。

ピックアップしたサイトの中で、最も好成績を残しており、立川競輪との相性はかなり良いです。

ヤンググランプリ2023の予想が必ず公開されるとは限りませんが、公開された場合はビックチャンス。

この機会にぜひ、活用してみてください。

ヤンググランプリ2023の予想ポイントをご紹介

ヤンググランプリ2023

1995年の初開催から形を変えながら開催されてきたヤンググランプリ。

グランプリシリーズの一環として開催されるようになってから、今年で23回目を迎えます。

第23回大会となるヤンググランプリ2023における予想ポイントは何なのか?

過去のレース結果から傾向を分析したのでご紹介します。

  • 荒れやすいので買い目毎のオッズ・人気は参考にしない
  • 競輪学校での成績はあまり参考にしない
  • 7年連続でS級1班かつ先輩期の選手が優勝している
  • ラインの番手選手に警戒
  • 過去10年で「6・8」番車が優勝したことはない

上記5つの予想ポイントは最低限抑えておきましょう。

荒れやすいので買い目毎のオッズ・人気は参考にしない

予想する上で荒れるかどうかを把握しておくことは非常に重要です。

ルーキーが出場するレースは荒れやすいと言われていますが、その傾向はヤンググランプリでも変わらないのでしょうか。

ヤンググランプリにおける過去の3連単の払い戻しを基に、荒れやすいかどうかを確認しましょう。

※過去10回大会を基に分析

人気 払い戻し
2022年 64番人気 21,250円
2021年 261番人気 57,470円
2020年 2番人気 2,210円
2019年 22番人気 9,200円
2018年 40番人気 13,610円
2017年 226番人気 74,140円
2016年 419番人気 406,260円
2015年 139番人気 35,760円
2014年 42番人気 13,540円
2013年 131番人気 31,120円

過去10年間におけるヤンググランプリの平均配当は66,456円。

よって、かなり荒れやすいと判断できます!

2020年を除き、10番人気以内で決着したことはありません。

デビューしたての選手が出場するので、その時点での実力や成績だけで判断するのは難しいようです。

ヤンググランプリは荒れやすいので、人気やオッズを気にせず勝負しましょう。

競輪学校での成績優秀者が有利

競輪学校 卒業記念

人気決着になることは少なく、かなり荒れやすいヤンググランプリ。

ルーキー選手のため、現在の競走得点や人気だけで判断するのはとても難しいです。

ただ、過去のヤンググランプリの優勝者を見ると、競輪学校での成績優秀者がヤンググランプリを制す傾向がありました。

※過去10回大会を基に分析

開催年 優勝者 期別 学校成績
2022 菊池岳仁 117 4位
2021 小原佑太 115 7位
2020 松井宏佑 113 3位
2019 松本貴治 111 9位
2018 太田 竜馬 109 2位
2017 鈴木 竜士 107 7位
2016 渡邉雄太 105 10位
2015 野口大誠 105 1位
2014 近藤龍徳 101 6位
2013 猪俣康一 99 3位

過去10年のヤンググランプリは、競輪学校の成績10位以内の選手が優勝しています。

というのも、ヤンググランプリに出場するのはデビューから3年以内の選手。

まだまだプロとしての経歴は浅く、飛び抜けて力をつけた選手はあまりいません。

そのため、競輪学校の成績がそのままレースに反映される可能性が高いです。

ヤンググランプリ2023に出場する選手の中で、競輪学校の成績が優れているのは以下の2名。

  • 犬伏 湧也
  • 中野 慎詞

どちらの選手も競輪学校を1位で卒業しています。

上記2選手に注目して買い目を構成しましょう!

7年連続でS級1班かつ先輩期の選手が優勝している

競輪学校の成績はあまり当てにならないことが分かりました。

それではどのような選手が過去のヤンググランプリを制してきたのでしょうか。

優勝者を分析すると、とある傾向が見えてきました。

それは先輩期かつS級1班の選手の優勝が多いこと。

ヤンググランプリの歴代優勝者は以下の通りです。

※過去10回大会を基に分析

開催年(出場選手期別) 優勝者 期別 階級
2022年(119・117期) 菊池岳仁 117 S級1班
2021年(117・115期) 小原佑太 115 S級1班
2020年(115・113期) 松井宏佑 113 S級1班
2019年(113・111期) 松本貴治 111 S級1班
2018年(111・109期) 太田竜馬 109 S級1班
2017年(109・107期) 鈴木竜士 107 S級1班
2016年(107・105期) 渡邉雄太 105 S級1班
2015年(105・103期) 野口大誠 105 S級2班
2014年(103・101期) 近藤龍徳 101 S級2班
2013年(101・100・99期) 猪俣康一 99 S級2班

2015年以外は先輩期が優勝、2016年以降はS級1班の選手が優勝しています。

2016年からは、7年連続で先輩期かつS級1班の選手がヤンググランプリを制していました。

競輪学校の成績ではなく、プロの世界での経験値や実績が影響しているようです。

ちなみにヤンググランプリ2023に出場する中で、先輩期かつS級1班の選手は以下5名。

  • 北井 佑季
  • 犬伏 湧也
  • 吉田 有希
  • 山根 将太
  • 志田 龍星

軸を選ぶにあたっては、上記の選手に注目です!

ラインの番手選手に警戒

優位にレースを展開するには、ライン内の選手が協力・連携することが重要です。

ヤンググランプリにおいても例外はなく、選手はいくつかのラインを形成し争うことが予想できます。

ただ、ヤンググランプリの場合、ラインを組まず一人で戦う「単騎」を選択する選手が多いです。

ヤンググランプリ 単騎

これは、他の選手との協力を嫌っている訳ではなく、若手同士でラインを組んだことがない経験不足からくる不安があるため。

事実、過去のヤンググランプリでは、ラインが一つもなく全員単騎で戦ったこともあります。

そのため、単騎出走した選手の母数が多いこともあり、下記のように単騎選手の勝率が高いです。

役割 優勝回数
先行 1回 '18
番手 3回 '13, '21,'22
3番手 0回
単騎 6回 '14,'15'16,'17,'19,'20

自分のタイミングで仕掛けられる単騎選手が主役になる可能性は高いです。

しかし、2020・2021年と2年連続でラインの番手選手が優勝を飾っているので、番手につくであろう下記3選手には警戒が必要になります。

  • 山根将太選手
  • 上野雅彦選手
  • 橋本壮史選手

先ほど挙げた先輩期かつS級1班の選手の優勝が多いというポイントも踏まえると、山根将太選手が最も有力な選手と言えます。

過去10年で「6・8」番車が優勝したことはない

ヤンググランプリ2022 優勝 菊池岳仁

    車番別の勝率が分かれば、選手を絞りやすくなるため楽に予想をすることができます。

    そこで、ヤンググランプリの過去のレース結果から、車番別の成績も調べてみました。

    ※過去10回大会を基に分析

    車番 1着回数 2着回数 3着回数
    1番車 1 3 2
    2番車 3 1 0
    3番車 1 2 1
    4番車 1 1 1
    5番車 1 1 0
    6番車 0 1 1
    7番車 2 0 1
    8番車 0 1 0
    9番車 1 0 4

    車番別で最も優勝が多いのは2番車で3回。

    反対に、6,8番車は優勝したことがありません。

    ここで気になるのは、4.6.8番車を指す「ヨーロッパ」は滅多に来ないという競輪のセオリー。

    4番車の優勝はありますが、比較的にセオリー通りの結果になっています。

    ヤンググランプリ2023では、過去10年で優勝がない「6,8番車」を買い目に入れないほうが良いでしょう。

    ヤンググランプリ2023の予想方法を徹底解説!

    予想ポイントが分かったところで、ではどのように予想すれば勝つことができるのか?

    開催場の立川競輪の特徴を踏まえ、ヤンググランプリ2023で勝つための予想方法をボクが徹底的に分析しました。

    • 内枠の選手に注目
    • 差しを得意とする選手に注目
    • 強風が予想に影響を与える

    重要なのは上記3点。

    これだけ押さえるだけでも十分に予想の精度を上げることができるでしょう。

    ただ、立川競輪にはこの記事で紹介していること以外にも沢山の傾向や特徴があります。

    徹底的に特徴を知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

    内枠の選手に注目!

    車番ごとの勝率を把握することで、楽に予想をすることができます。

    過去のヤンググランプリでは、2番車の優勝回数がトップでしたが、立川競輪場ではどのような成績となるのでしょうか。

    立川競輪場における過去の車番別データを分析しました。

    ※直近1年の結果を基に分析

    立川競輪 車番別成績

    最も勝率が高いのは1番車。

    反対に6,8番車の勝率は圧倒的に低いです。

    過去のヤンググランプリの結果と照らし合わせると、内枠の選手を中心に考えつつ、6,8番車は避けたほうが良いでしょう。

    これらを踏まえヤンググランプリ2023の枠番を見ると・・・

    車番 選手名
    1 太田 海也
    2 北井 佑季
    3 犬伏 湧也
    4 上野 雅彦
    5 吉田 有希
    6 山根 将太
    7 中野 慎詞
    8 橋本 壮史
    9 志田 龍星

    6,8番車の山根 将太・橋本 壮史選手を買い目から外し、1,2番車の太田 海也・北井 佑季選手を優先的に考えましょう。

    決まり手は「差し」が得意な選手に注目

    車番と合わせてバンクの決まり手の傾向を把握することで更に勝率を上げることができます。

    そこで、立川競輪における過去の決まり手データを分析しました。

    ヤンググランプリ-9

    最も多い決まり手は「差し」。

    立川競輪の見なし直線距離は比較的長く、最終直線で加速しやすいので「差し」が決まりやすくなっています。

    また過去10年のヤンググランプリの決まり手を見ても、10回中8回が差しで決まっています。

    よってヤンググランプリ2023では「差し」を得意とする選手に注目しておきましょう。

    ヤンググランプリ2023の出場者の中で「差し」を得意としている選手は・・・

    中野慎詞選手!

    その他の選手は、逃げを得意としている選手ばかりです。

    差しを得意としている選手は少ないので、中野慎詞選手はもちろん番手につく選手にも注目です!

    強風が吹き荒れた場合は要注意

    競輪は天候や風の影響を大きく受ける競技。

    ここまでで様々な予想のコツを紹介してきましたが、天候や風を無視してしまうと的外れな予想になる可能性もあります。

    特に立川競輪場は屋外にバンクが設置しており、風の影響を受けやすいです。

    2016年の改修工事によってスタンドが無くなったこともあり、1年を通して向かい風が吹く競輪場となっています。

    立川競輪場は風が強く吹くこともあり、スタミナの消費が激しいバンク。

    よって「風の影響を強く受ける先行選手が外側に追いやられ、内側から捲りが決まる」という展開がおきやすくなります。

    従って、風が強く吹き荒れていた場合は「捲り」を得意とする選手の勝率が高くなるでしょう。

    ヤンググランプリ2023の出場者の中で「捲り」を得意としている選手は以下の4名です。

    • 上野 雅彦
    • 吉田 有希
    • 中野 慎詞
    • 志田 龍星

    出走表や天気予想を見て、風が強く吹いている場合は上記選手に注目して買い目を作成しましょう。

    ヤンググランプリ2023の注目選手3名をご紹介!

    ここからは、予想ポイントや立川競輪の特徴を踏まえ注目選手をご紹介します。

    買い目選びに迷った際は、ぜひ参考にしてみてください。

    それでは、1人ずつ紹介します!

    注目選手①最も波に乗っている選手「太田海也」

    太田 海也

    氏名 太田海也(オオタカイヤ)
    生年月日 1999年07月27日
    期別 121期
    競争得点 119.35
    脚質
     級班 S級2班
    ホームバンク 玉野
    地区 中国

    ケイリンとの両立のため、今年は出走数が少なかった太田海也選手。

    そんな少ないレースの中でも結果を残し続け、今年は自身初のGIとなる「オールスター競輪」に出場しました。

    さらに11月に開催された「 第65回朝日新聞社杯競輪祭(G1)」では、初のG1決勝に進出。

    競走得点も右肩上がりで、8月には120点を突破しています。

    今年躍進を遂げた太田海也選手は、勢いそのままにヤンググランプリ2023でも好走してくれるでしょう。

    注目選手②昨年のリベンジに燃える「犬伏湧也」

    犬伏 湧也

    氏名 犬伏湧也(イヌブシユウヤ)
    生年月日 1995年7月22日
    期別 119期
    競争得点 114.27
    脚質
     級班 S級1班
    ホームバンク 小松島
    地区 中国

    昨年のヤンググランプリでは6着となり、悔しい思いをした犬伏湧也選手。

    その思いを胸に、今年はS級1班として活躍しています。

    そんな犬伏湧也は、今年3月に大垣競輪で開催された「水都大垣杯(G3)」を制覇し、119期最速の記念優勝を決めました。

    その後も勢いにのると、G1の決勝に3度も進出。

    昨年のリベンジに燃える文句なしの優勝候補です。

    注目選手③どんな決まり手でも決められる「中野慎詞」

    中野 慎詞

    氏名 中野慎詞(ナカノシンジ)
    生年月日 1999年6月8日
    期別 121期
    競争得点 113.07
    脚質
     級班 S級1班
    ホームバンク -
    地区 北日本

    中野慎詞選手は、デビュー2年足らずでS級1班に昇格した若手有望株。

    今年の10月に開催された「第32回寛仁親王牌(G1)」では、念願の特別競輪初勝利を成し遂げています。

    またヤンググランプリ出場選手の中では、唯一捲り・差しなど柔軟にレースを決められる選手。

    そのため、立川競輪場との相性も悪くありません。

    巧みな技術力を活かし、活躍すること間違いなしです。

    ヤンググランプリ2023の概要について

    ヤンググランプリ2023の予想ポイントと有力選手を把握できたら、最後に概要を押さえておきましょう。

    アクセス方法や入場規制等をしっかり確認し、開催日までにレースを楽しめる状態にしておきましょう!

    開催地は立川競輪

    ヤンググランプリ2023年の開催地は、東京都立川市に位置する立川競輪場に決定。

    比較的交通の便も良く、直接足を運ぶ方もいると思うので、所在地やアクセス方法を紹介します。

    立川競輪場 特徴 画像

    所在地やアクセス方法・入場料金などの詳細は以下の通りです。

    所在地 東京都立川市曙町3丁目32-5
    無料バス JR「立川駅」より 約10分
    タクシー 府中ICより約15分
    徒歩 JR「立川駅」から約15分
    入場料 50円
    有料席 特別観覧席・ロイヤル席有り

    立川競輪場は、最寄り駅の立川駅から徒歩で15分と、少し離れた場所に立地しています。

    ですので、立川駅から10分間隔で運行している無料バスを利用すると良いでしょう。

    別途、車で行く方はいくつかの注意点があるので、詳細は立川競輪のHPをご覧になってください。

    開催日程は2023年12月28日11R

    ヤンググランプリ2023は、KEIRINグランプリの一部として開催。

    昨年に引き続き、初日の第11Rにて行われます。

    開催日は12月28日です。

    ヤンググランプリ2023 開催日程2023年12月28日11R

    ヤンググランプリ2023は、通常のトーナメント制ではなく、S級に属する9名の若手選手たちが競い合う、一発勝負のレースです。

    グランプリシリーズも並行で開催されていますが、ヤンググランプリ2023は28日の11Rの出走となるので間違えないようにしましょう。

    優勝賞金は470万円

    優勝 イメージ画像

    ヤンググランプリは若手選手のトップを決める大会でもあり、競艇界の登竜門とも言えるレース。

    そんなヤンググランプリの優勝賞金は470万円です!!

    もちろん、若手選手にとっては優勝賞金だけではなく2位以下の賞金も高額です。

    順位 賞金額
    1 4,700,000円
    2 2,346,000円
    3 1,422,000円
    4 948,000円
    5 752,000円
    6 654,000円
    7 569,000円
    8 517,000円
    9 470,000円

    2位は234万円以上、3位でも140万円以上の賞金を獲得することができます。

    特別競輪の優勝経験が少ない若手選手にとっては、多額の賞金。

    ヤンググランプリを皮切りに、将来的に賞金ランキングにランクインすることも期待できます。

    ヤンググランプリ2023では入場制限は実施されない

    コロナウイルスの影響で、多くの競輪場で入場規制が実施されています。

    昨年のヤンググランプリも2万人の入場制限がかけられていました。

    では、ヤンググランプリ2023の入場規制はどのようになるのか調査したところ・・・

    入場制限は実施されないことがわかりました。

    ただヤンググランプリを含め、KEIRINグランプリ2023シリーズが開催される28日〜30日は、特別観覧席の発売方法が変則的になります。

    詳しくは、立川競輪HPを参考にしてください。

    ヤンググランプリ2023の出場選手・並び予想

    その年の若手No.1を決めるレースとして位置づけられているヤンググランプリ。

    この華やかな大会に出場できるのはデビュー3年以内かつS級に属する成績優秀者上位9名のみ。

    そんな選ばれし9名の選手及び並び予想をご紹介します。

    事前にしっかり押さえておき、勝負する準備を万全にしておきましょう。

    ヤンググランプリ2023の出場決定選手一覧

    ヤンググランプリ2023 出場選手

    選手名 級班 府県 期別 年齢
    太田 海也 S2 岡山 121 24
    北井 佑季 S1 神奈川 119 33
    犬伏 湧也 S1 徳島 119 28
    上野 雅彦 S2 香川 119 22
    吉田 有希 S1 茨城 119 22
    山根 将太 S1 岡山 119 26
    中野 慎詞 S1 岩手 121 24
    橋本 壮史 S2 茨城 119 28
    志田 龍星 S1 岐阜 119 26

    厳しい参加条件をクリアした以上の9名がヤンググランプリ2023の出走メンバーです。

    また、出場辞退者が出た場合の補欠として、木村皆斗選手が選ばれています。

    121期からは太田海也選手と中野慎詞選手が出場。

    それ以外は、2年連続出場の犬伏湧也選手・吉田有希選手を含めた119期の選手が選ばれました。

    並びは細切れの「6分戦」が濃厚【2023年12月22日更新】

    12月18日にJKAがヤンググランプリ2023の想定番組を次の通り発表しました。

    そこで想定された車番はこちら。

    車番 選手
    1番車 太田海也(岡山)
    2番車 北井 佑季(神奈川)
    3番車 犬伏 湧也(徳島)
    4番車 上野雅彦(香川)
    5番車 吉田有希(茨城)
    6番車 山根将太(岡山)
    7番車 中野慎詞(岩手)
    8番車 橋本壮史(茨城)
    9番車 志田龍星(岐阜)

    上記の様な車番で発表されました。

    並びに関しては、未だ発表されていませんが・・・

    ラインを組むのは、①太田−⑥山根、③犬伏−④上野、⑤吉田−橋本の3組。

    残りの3名は単騎となることが想定されます。

    したがって、ヤンググランプリ2023は細切れの「6分戦」になるでしょう。

    細切れ線の場合、ラインでゴールすることは少なく最後まで展開がわかりません。

    今年のヤンググランプリは、例年以上に激しい戦いが繰り広げられること間違いなしです!

    ヤンググランプリ2023に関するよくある質問

    ヤンググランプリ2023

    ここまでは、ヤンググランプリ2023の詳細についてご紹介しました。

    ヤンググランプリ2023がどのような大会であるのかを理解頂けたのではないでしょうか。

    ここからは、ヤンググランプリ2023に関するよくある質問とその答えをご紹介します。

    Q.枠番の決定方法は?

    ヤンググランプリ2023

    番組改正や新設されたG1の影響を受け、様々な形で開催されてきたヤンググランプリ。

    そんなヤンググランプリにおける車番の決め方ですが、情報は公開されていませんでした。

    そのため、情報が確認でき次第、追記します。

    Q.過去の結果・オッズはどこで確認できる?

    KEIRIN.JP

    過去の結果・オッズを確認できる主なサイトは以下の5つ。

    • KEIRIN.JP
    • 楽天Kドリームス
    • ウィンチケット
    • オッズパーク
    • 競輪ステーション

    全て大手のサイトですが、その中でもKEIRIN.JPのHPから閲覧することをおすすめします。

    KEIRIN.JPは、公益法人JKAが運営する競輪の公式サイト。

    最新情報をいち早く手に入れることができます。

    また、過去レースのリプレイ映像を見たい方はKEIRN STATIONで閲覧可能です。

    Q.前夜祭の開催日はいつ?

    KEIRINグランプリ前夜祭

    ※共同記者会見は15時15分〜

    ヤンググランプリ2023の前夜祭は開催されません。

    ただ、ガールズグランプリ・KEIRINグランプリ2023の前夜祭の開催日は、12月19日(火)18時30分〜となっています。

    開催場所は「京王プラザホテル」。

    内容は以下の通りです。

    • 出場選手によるトークショー
    • プレミアムな景品が当たる抽選会
    • 立食ビュッフェによるお食事

    ヤンググランプリの他にグランプリシリーズに参加する方は、ぜひ見てみてください。

    ライブ配信はどこで見れる?

    スカパー

    ヤンググランプリのライブ配信動画は、現時点でスカパーでの配信が決定しています。

    また、YouTubeやニコニコ動画でのライブ配信も予想されますが、現時点で詳細は確認できていません。

    今後、ネットでの配信情報も更新されていく予定なので、情報が確認でき次第追記します。

    テレビの生放送・中継はある?

    坂上忍の勝たせてあげたいTV

    ヤンググランプリ2023のテレビでの生放送は地上波放送と、CS・ケーブルテレビ放送に分かれています。

    地上波は、日本テレビ系の「坂上忍の勝たせてあげたいTV」。

    レース中継は28日の16時00分〜17時00分です。

    CS・ケーブルテレビは「SPEEDチャンネル」にて放送予定。

    放送内容の詳細などは各テレビ局のHPをご覧ください。

    ヤンググランプリ2023の勝率をアップさせる裏技をご紹介!

    以上がヤンググランプリ2023の予想方法でした。

    紹介したポイントを一つ一つ押さえて予想すれば、勝率を上げることができるでしょう。

    とはいえ、手間暇をかけず”当たる予想”に丸ノリで勝負したいという方もいるはず。

    荒れやすく情報も集めにくいヤンググランプリとなれば、そう思うのも無理はありません。

    予想を公開しているサイトは数多く存在しますが、ボクは競輪予想サイトの予想に参加することを強くおすすめします。

    なぜなら、競輪予想サイトはプロの予想師が関係者情報やAIを活用して買い目を作成しており、精度がピカイチだからです。

    もちろん、悪質な予想を公開しているサイトもあるのでサイト選びは慎重に行う必要がありますが、ヤンググランプリ2023までもう時間がありません。

    そのため「今からサイト選びする時間なんてない」という方もいるはず・・・

    そこで、数々の競輪予想サイトを利用してきたボクが当たるサイトを厳選しランキング形式でまとめました。

    できるだけ手間をかけずに稼ぎたいという方は、ぜひチェックしてみてください!

    【無料】当たる予想を公開している競輪予想サイトTOP10

    競輪戦線のバナー

    LINE公式アカウント始動

    競輪戦線の”激アツ情報”を配信するLINE公式アカウントが遂に始動!

    管理人のボクが「マジで稼げる予想」をテーマにお届けしています。

    ボクが今まで自腹で検証し、「当たる・稼げる」事を証明してきた数々の予想サイト。

    もちろんその調子にも波がありますが、それを挽回する力も持っています。

    更に言うなら、その時に1番調子の良いサイトを知っていればコスパ良く稼ぐ事も可能です。

    競輪戦線では”今”稼げるサイトをLINE公式アカウントに登録して頂いた方限定で配信!

    厳選された予想の「最前線」をぜひこの機会にお試し下さい。

    line-qr
    LINE公式アカウント

    ID検索「@166iephg」

    ※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。

    ←QRコードで友だち追加の方はこちら。

    このコラムに関する口コミ

    1. コメントはまだありません。

    【ヤンググランプリ2023予想】過去10年のデータから導き出した予想方法を徹底解説!の口コミを募集しています