競輪における落車事故の危険性とは?賞金や払い戻し・死亡事故についても調査!

競輪 落車事故 アイキャッチ

競輪における落車事故とは?

こんにちは。

競輪戦線管理人のボクです。

競輪における落車は、レースが荒れるだけでなく、選手にとって致命的な怪我につながる事もあります。

過去には選手の死亡例もあり、競輪界では様々な落車防止策を施行してきました。

そこで今回は、競輪における落車事故が起こる確率や、落車した際の賞金やルールについてご紹介します!

競輪 落車事故

「落車」とは公式に記録される競輪専門用語で、自転車が転倒、または破損して選手が自転車から落ちてしまう事を指します。

競輪は、常に接近してレースが繰り広げられてる危険な競技です。

周回中でも50km近いスピードが出ているため、自転車が少しでも接触すれば転倒する可能性があります。

新人のデビュー戦や、レースの決勝戦、天候が荒れている日は特に落車が起こりやすく、落車によって選手生命が立たれてしまうことも珍しくありません。

では落車してしまった場合、レースはその後どうなるのかをご紹介します。

落車後は再乗してゴールする必要がある?

競輪ルールの基本となる「敢闘の義務」が選手にはあります。

選手は、暴走、過度の牽制等をしてはならず、勝利を得る意志をもって全力を尽くして競走しなければならない。

敢闘精神の欠如と判定される行為として以下の4点が挙げられます。

  • 暴走して勝機を逸したと認められる場合
  • 過度の牽制をしたため、勝機を逸したと認められる場合
  • 正当な理由なく競走を放棄した場合
  • 怠慢競走と認められる場合

落車後は、この3番目に抵触する可能性があります。

なぜなら「身体及び自転車に重大な支障がないにもかかわらず、競走を放棄したとき」に敢闘精神の欠如と判定される場合があるためです。

そのため選手は、落車後も身体的に問題がなければゴールする必要があります。

オートレース、ボートレースでは「落車」「転覆」した場合、そこで失格。

同じギャンブルとはいえ、競輪のルールとは大きく異なります。

競輪の場合は「落車」しても後続に対して危険が少ないです。

そのため、身体が動くのであれば競技を続行し「再乗」する義務を設けられていると考えられます。

また、最終周でゴールまで残り30mを通過した後に落車した場合は、選手は自転車に乗らずに手押しや担いでゴールすることが可能です。

落車して棄権した場合の賞金は?

競輪 落車事故

落車後、身体にダメージが大きくゴールにたどり着けないと判断した選手は「棄権」をする事が可能です。

その場合選手には、レースの末着賞金として9着の賞金の80%が支払われます。

落車に伴って他車を妨害して「失格」と判断された場合は賞金は支払われません。

グレードレースの決勝であれば9着の賞金は500万円を越えます。

そのため獲得賞金上位を狙う選手にとっては、再乗しゴールを目指すことは非常に重要な事です。

選手が落車した場合は返還・払い戻し対象になるのか?

競輪 落車事故

レース中に選手が落車した場合、購入した車券代はもどってくるのか?

結論から言うと、車券の購入金額が返還されることはありません。

競輪の落車に関わる返還については、いくつか例外が設けられています。

  • スタート後25m線に到達するまでに選手が落車・負傷し、再発走が不可能
  • 先頭誘導員が選手を落車

どちらもレース不成立となり、車券は全て払い戻しされます。

しかしどちらもかなりのレアケースであり、落車による個別の返還はないので注意してください。

競輪で落車事故が起きる確率と傾向

競輪 落車事故

落車について公式に発表されたデータは近年にはありません。

競輪場や情報サイトで個別にデータを発表しているので、それらのサイトを参考に落車事故が起きる確率を推測していきます。

競輪の発展途上であった1975年には、10.5レースに1回起きていました。

よって、1975年における落車が起こるレースの確率(落車率)は約9.5%。

しかし10年後の1985年には、5.9レースに1回落車が起こり、落車率は約16%。

この1985年は落車事故のピークとされ、大きな問題となりました。

選手の技量が平均化され、それぞれの選手に勝つチャンスが増え、競合いが多くなったのが一因です。

また自転車の性能も向上し、レースの高速化も原因と考えられました。

その後、ルールの厳挌適用、自転車の技術開発、競輪場の整備などにより落車は減少。

しかし、1988年以降年間の落車率は約5%~8%の間で上下しており年々下降している訳ではありません。

また、選手ランクが上がるほど落車率も高く、S級はA級3班に比べ2倍以上の落車率となっています。

激しい競合いとスピードは競輪の大きな魅力ですが、それに伴って落車の危険も上がっているのです。

落車に繋がる違反行為・ルール

選手のぶつかり合い、競合いはルールの範囲内で許されていますが、落車に直結する過度な行為は禁止されています。

主な危険行為は以下の3点。

  • 押圧、押し上げ、押し合いの禁止
  • 斜行、蛇行の禁止
  • 中割りの禁止

それぞれの意味を確認していきましょう。

まず「押圧」とは、内側の選手に衝撃、圧迫をかけて内側に押し込む行為です。

それに対し「押し上げ」は、外側に向かってほかの選手に衝撃、圧迫をかける行為のこと。

この2点は、バンクのコーナー部分で起こりやすい違法行為となっています。

「押し合い」とは、内側・外側の両選手が衝撃、圧迫をお互いにかける行為。

「斜行・蛇行」とは走路を直進せず、斜め及び波状的に進路を変更することです。

この「斜行・蛇行」は、他の選手を落車させなかったとしても違法行為とみなされる場合があります。

「中割り」とは前で並走している選手の車間に、安全な間隔が無いのに差し込み及び追い抜く行為のこと。

また、打鐘開始前と後でも微妙に違るルールが設けられています。

その中でもレース中によく見られる行為の押圧、押し上げ、押し合いについて、失格基準が明記されています。

  1. 押圧、押し上げ若しくは押し合いを行い、又はそのことによりふらつき等して、その結果自ら落車し、又は他の選手を落車させた場合
  2. 著しい押圧、押し上げ若しくは押し合いを行い、又はそのことによりふらつき等して、他の選手の走行に重大な支障を生じさせた場合(打鐘開始後は急激に後退させた場合も含む)
  3.  特に著しい押圧、押し上げ又は押し合いを行った場合

   http://keirin.jpより抜粋

これらの行為で自ら落車したり、させたりした場合は失格。

打鐘後は大きく後退させても失格となるので、選手はルールを厳守してレースに臨んでいます。

落車事故で死亡した競輪選手

競輪では、競走中の死亡事故は過去に48件起きています。

1960年以降の近代競輪では、競技中に事故・病気で亡くなった選手は合計7名。

それぞれの選手のプロフィールと死亡原因を簡単にご紹介。

福島昭亮選手

福島昭亮選手は、1937年3月16日生まれの日本競輪学校第12期生。

デビュー後は、日本競輪選手会埼玉支部に所属していました。

成績が良かったため将来を期待されていた選手で、1967年にはオールスター競輪ドリームレースに出場。

しかし、同年4月に行われたドリームレースにおいて落車。

頭蓋骨骨折にて、30歳という若さで亡くなりました。

東内典之選手

東内典之選手は、1967年生まれの日本競輪学校第48期生。

デビュー後は、日本競輪選手会和歌山支部に所属していました。

闘争心の高い選手として生涯成績のうち、失格が20回、競走棄権が31回という記録が残っています。

    しかし、1992年5月17日の福井競輪場にて開催されたレースで落車。

    脳挫傷および急性硬膜下血腫のため亡くなりました。

    成島勇選手

    成島勇選手は、1975年生まれの日本競輪学校第76期生。

    デビュー後は、日本競輪選手会東京支部に所属していました。

    1998年7月23日、立川競輪場で開催されたレースで、最終4角付近で他選手と接触して落車。

    その際、頭蓋骨を骨折し翌日22歳という若さで死亡した。

        服部雅春選手

        服部雅春選手は、1956年生まれの日本競輪学校第36期生。

        デビュー後は、日本競輪選手会埼玉支部に所属していました。

        2003年、伊東温泉競輪場で開催されたレースで、ゴール通過後のクールダウンの最中に転倒。

        医務室に運ばれたが心停止状態となっていた。それから2時間後に病院で亡くなりました。

        内田慶選手

        内田慶選手は、1981年生まれの日本競輪学校第87期生。

        日本競輪選手会栃木支部に所属していました。

        2008年一宮競輪場でのオールスター競輪で、前輪のスポークが全壊したため車体ごと前のめりに崩れ落ちる形で落車。

        これにより頭蓋骨を骨折し病院へ緊急搬送されましたが、外傷性クモ膜下出血のため逝去。

        中垣輝光選手

        中垣輝光選手は、1961年生まれの日本競輪学校第47期生。

        2010年に広島競輪場で開催されたレースにて、最終周回に入ってから他の選手よりも大きく遅れ始め、最終第3コーナー付近でよろけるように落車。

        既に心肺停止状態だったため、近くの病院に運ばれましたが死亡。

        死因は、虚血性心疾患ということが後に判明しました。

        坂本照雄選手

        坂本照雄選手は、1972年生まれの日本競輪学校第73期生。

        2012年に開催された小田原競輪場で開催されたレースにて、落車した選手を避けようとしてコースから外れ写真判定用ミラーボックスに激突。

        意識不明となり、蘇生措置が取られたが搬送先の病院で逝去。

        死因は外傷性心肺不全でした。

        競輪落車事故まとめ

        競輪 落車事故

        今回は、競輪における落車事故についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

        一時期は、落車事故で折れた選手の鎖骨が年間800本を超えたときもあるほど競輪において落車事故は起こりやすいです。

        ピークの時期と比べると近年の落車事故は少なくなってきている傾向がありますが、それでも落車による怪我が原因で欠場している選手は後を絶ちません。

        今後、競輪で落車事故が1件でも減ることを願って、出場する選手を応援し続けましょう。

        おすすめの競輪予想サイトをご紹介します

        皆様、競輪にも予想サイトがあることはご存知でしょうか?

        競輪予想サイトと聞くと、

        「本当に当たるの?」

        「胡散臭い」

        「登録したら変なサイトからメールがくる」

        マイナスなイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

        はっきり言うと、中には稼げない悪徳競輪予想サイトもありますが、稼げる競輪予想サイトももちろんあります!

        競輪戦線ではガチで5万円を用意し、自腹で徹底検証しています。

        ボクのお金が減らず、5万円から増え続けている競輪予想サイトのみ「優良」認定しているので、サイトの利用に迷っている方はボクがご紹介するサイトをご利用下さい。

        もちろん優良認定している競輪予想サイトは全て登録無料。

        無料予想も毎日提供しています。

        変なメールが届くということも一切ないのでご安心して下さい。

        \競輪予想サイト一覧/

        競輪戦線のバナー

        LINE公式アカウント始動

        競輪戦線の”激アツ情報”を配信するLINE公式アカウントが遂に始動!

        管理人のボクが「マジで稼げる予想」をテーマにお届けしています。

        ボクが今まで自腹で検証し、「当たる・稼げる」事を証明してきた数々の予想サイト。

        もちろんその調子にも波がありますが、それを挽回する力も持っています。

        更に言うなら、その時に1番調子の良いサイトを知っていればコスパ良く稼ぐ事も可能です。

        競輪戦線では”今”稼げるサイトをLINE公式アカウントに登録して頂いた方限定で配信!

        厳選された予想の「最前線」をぜひこの機会にお試し下さい。

        line-qr
        LINE公式アカウント

        ID検索「@166iephg」

        ※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。

        ←QRコードで友だち追加の方はこちら。

        このコラムに関する口コミ

        1. コメントはまだありません。

        このコラムに関する口コミを募集しています