全日本選抜競輪2022の予想方法をご紹介‼賞金・日程・出場選手は?

全日本選抜競輪2022 アイキャッチ

全日本選抜競輪【2022】の予想方法・コツをご紹介‼出場選手や歴代優勝者は?

どうも。

競輪戦線管理人のボクです。

 全日本選抜競輪2022 画像

2022年2月20日(日)〜23日(水)にかけて、全日本選抜競輪2022が取手競輪場にて開催。

今年に入って初開催のG1レースなので、勝負する予定の方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「全日本選抜競輪2022」の予想方法や勝つためのコツをご紹介します。

予想方法の他にも、出場選手や優勝候補もご紹介するのでぜひ最後までお付き合いください。

全日本選抜競輪【2022】の概要についてご紹介‼

全日本選抜競輪2022 画像

まずは、全日本選抜競輪の概要についてご紹介します。

全日本選抜競輪は、毎年2月上旬から中旬頃に開催される競輪のG1競争のことです。

正式名称は「読売新聞社杯全日本選抜競輪」。

競輪ファンの間では、全日本選抜競輪や全日本選抜という名称で認知されています。

本大会は、避暑地の地方都市を舞台に開催することを目的に発足。

1985年に始めて開催された歴史あるレースとなっています。

開催当初は6日開催の長期大会でしたが、1996年の第12回目の全日本選抜競輪から4日制に変更されました。

年明け一発目のG1レースということもあり、選手にとってはこの全日本選抜競輪でいいスタートを切れるかどうかが重要です。

全日本選抜競輪【2022】の出場資格・選抜方法について

全日本選抜競輪2022には、以下の厳しい基準をクリアした選手しかレースに参加できません。

  • S級S班在籍選手
  • 過去3回以上の優勝経験がある選手
  • S級1班在籍選手のうち47都道府県それぞれにおいて平均競走得点1位の選手
  • 8つの地区で平均競走得点1〜3位の選手
  • 選考期間において2ヶ月以上JCFトラック種目強化指定(A)に所属
  • 残余は平均競走得点上位者より順次選抜

選考期間は前年の6月〜11月。

各都道府県で優秀な成績を収めている選手を中心に選抜されます。

補欠選手に関しては、正選手を除く平均競争特典上位者から順次に選抜。

また、正選手の打ち平均競走得点上位27名が、初日に開催される特別選抜予選に出場することが可能です。

全日本選抜競輪【2022】の開催日程について

全日本選抜競輪2022の開催日程は、2022年2月20日(日)〜23日(水)

トーナメント方式となっていて、初日から勝ち上がった選手が最終日の決勝戦に出場することができます。

初日 2日目 3日目 最終日
1次予選 2次予選 準決勝 決勝
特選予選 STR賞 - -

初日に行われる特別選抜予選は、1次予選の後に計3レース開催。

各レース1~3着の選手が2日目のスタールビー賞、3日目の準決勝の出場権利を獲得することができます。

4~9着の選手は、2次予選に参加することが可能です。

2日目のスタールビー賞は、二次特別選抜予選として、最終レースに行われます。

失格にならない限り出場者全員が準決勝に出場することが可能です。

全日本選抜競輪【2022】の賞金について

2022年初開催のG1レース「全日本選抜競輪2022」の賞金はどのくらいなのか?

全日本選抜競輪2022の1~9位までの賞金額をグラフにまとめてみました。

着順 賞金額
1着 28,500,000円
2着 14,670,000円
3着 9,570,000円
4着 6,930,000円
5着 5,700,000円
6着 5,700,000円
7着 3,870,000円
8着 3,560,000円
9着 3,560,000円

全日本選抜競輪2022の優勝賞金は2,850万円

年が変わって初開催のG1レースにしては、賞金額が少なく感じる方も多いと思います。

しかし、選手からすると新年度一発目のG1レースで勢いをつけたいところ。

気合が入っている選手が多く出場するので、いつも以上に白熱したレース展開を見ることができるでしょう。

全日本選抜競輪【2022】の入場規制について

コロナウイルスの影響により、多くの競輪場で入場数が制限されています。

全日本選抜競輪2022も例外ではなく、事前申し込みによる入場制限が行われることが発表されました。

入場数は4日間共通で2400名。

事前申し込みの当選者のみが入場することが可能です。

応募期間は、2022年〜1月23(日)まで。

既に過ぎているので、応募を逃してしまった方、落選してしまった方は、テレビや、スマホ・PCなどで応援しましょう。

全日本選抜競輪【2022】に出場選手について

現在、全日本選抜競輪2022に出場予定の選手は以下の108名。

地区 選手名 級班 期別
北日本 佐藤慎太郎 SS 78
北日本 守澤太志 SS 96
北日本 内藤宣彦 S1 67
北日本 齋藤登志信 S1 80
北日本 佐々木雄一 S1 83
北日本 竹内智彦 S1 84
北日本 大槻寛徳 S1 85
北日本 佐藤友和 S1 88
北日本 山崎芳仁 S1 88
北日本 成田和也 S1 88
北日本 大森慶一 S1 88
北日本 渡邉一成 S1 88
北日本 渡部幸訓 S1 89
北日本 新田祐大 S1 90
北日本 永澤剛 S1 91
北日本 菅田壱道 S1 91
北日本 和田圭 S1 92
北日本 小松崎大地 S1 99
北日本 阿部力也 S1 100
北日本 新山響平 S1 107
北日本 小原佑太 S1 115
関東 平原康多 SS 87
関東 宿口陽一 SS 91
関東 吉田拓矢 SS 107
関東 諸橋愛 S1 79
関東 芦澤大輔 S1 90
関東 神山拓弥 S1 91
関東 木暮安由 S1 92
関東 河村雅章 S1 92
関東 鈴木庸之 S1 92
関東 長島大介 S1 96
関東 柿澤大貴 S1 97
関東 武藤龍生 S1 98
関東 吉澤純平 S1 101
関東 杉森輝大 S1 103
関東 末木浩二 S1 109
関東 眞杉匠 S1 113
関東 黒沢征治 S1 113
関東 森田優弥 S1 113
関東 坂井洋 S1 115
関東 佐々木悠葵 S1 115
南関東 郡司浩平 SS 99
南関東 中村浩士 S1 79
南関東 岡村潤 S1 86
南関東 和田健太郎 S1 87
南関東 内藤秀久 S1 89
南関東 田中晴基 S1 90
南関東 鈴木裕 S1 92
南関東 岩本俊介 S1 94
南関東 根田空史 S1 94
南関東 小原太樹 S1 95
南関東 松谷秀幸 S1 96
南関東 深谷知広 S1 96
南関東 和田真久留 S1 99
南関東 渡邉雄太 S1 105
南関東 松井宏佑 S1 113
中部 吉田敏洋 S1 85
中部 浅井康太 S1 90
中部 柴崎淳 S1 91
中部 坂口晃輔 S1 95
中部 谷口遼平 S1 103
中部 山田諒 S1 113
近畿 古性優作 SS 100
近畿 村上義弘 S1 73
近畿 東口善朋 S1 85
近畿 稲垣裕之 S1 86
近畿 村上博幸 S1 86
近畿 松岡健介 S1 87
近畿 南修二 S1 88
近畿 稲川翔 S1 90
近畿 村田雅一 S1 90
近畿 山田久徳 S1 93
近畿 三谷竜生 S1 101
近畿 野原雅也 S1 103
近畿 寺崎浩平 S1 117
中国 松浦悠士 SS 98
中国 清水裕友 SS 105
中国 三宅達也 S1 79
中国 桑原大志 S1 80
中国 岩津裕介 S1 87
中国 柏野智典 S1 88
中国 取鳥雄吾 S1 107
中国 町田太我 S1 117
四国 香川雄介 S1 76
四国 小倉竜二 S1 77
四国 高原仁志 S1 85
四国 橋本強 S1 89
四国 阿竹智史 S1 90
四国 山中貴雄 S1 90
四国 福島武士 S1 96
四国 原田研太朗 S1 98
四国 小川真太郎 S1 107
四国 太田竜馬 S1 109
四国 門田凌 S1 111
九州 野田源一 S1 81
九州 荒井崇博 S1 82
九州 菅原晃 S1 85
九州 中川誠一郎 S1 85
九州 坂本健太郎 S1 86
九州 井上昌己 S1 86
九州 園田匠 S1 87
九州 山田英明 S1 89
九州 北津留翼 S1 90
九州 山田庸平 S1 94
九州 中本匠栄 S1 97
九州 山崎賢人 S1 111
九州 嘉永泰斗 S1 113
九州 伊藤颯馬 S1 115

全日本選抜競輪2022には、S級選手しか出場できないので自ずと実力が高い選手が出場します。

どの選手が勝ってもおかしくないので、予想が非常に困難です。

なので、次で紹介する全日本選抜競輪2022の予想方法をしっかり熟知してから勝負しましょう。

全日本選抜競輪【2022】で勝つための予想方法・コツをご紹介‼

それでは、全日本選抜競輪2022で勝つための予想方法とコツをご紹介します。

今回、紹介するのは以下の2点。

  • 開催場のバンク特徴を熟知する
  • 歴代優勝者を把握する

それではひとつひとつご紹介します。

全日本選抜競輪【2022】の開催場「取手競輪場」の特徴について

全日本選抜競輪2022 画像

全日本選抜競輪2022は、茨城県取手市にある取手競輪場にてレースが開催。

取手競輪場は、競輪で最もスタンダードな400mバンクを採用した競輪場です。

特徴としては、以下の4点が挙げられます。

  • バンクの癖が少ない
  • 決まり手は「差し」が有利
  • 脚質は「追い込み」が有利
  • 冬場は風の影響を受けやすい

周長が400mのバンクは、競輪の中で最も癖が少ないバンクと言われています。

取手競輪場も同様にバンクの癖が少なく選手の実力がそのまま順位に反映されやすいです。

よって、選手の成績や競走得点を重視して予想しましょう。

特に、取手競輪場では決まり手は「差し」。

脚質は「追い込み」が有利というデータがあります。

よって、これらの選手を軸に予想すれば勝率を上げることができるでしょう。

また、取手競輪場は冬場にホーム側からみて向かい風が吹きやすいです。

向かい風が吹くと最も前方を走る選手が強く影響を受けるので、先行選手が不利になります。

よって、ホーム側からみて向かい風が吹く場合は、番手選手を積極的に狙いましょう。

全日本選抜競輪の歴代優勝者について

全日本選抜競輪の歴代優勝者を分析すれば、有利な傾向を知ることができるのでしっかり把握しましょう。

1985年から2021年までの歴代優勝者は以下となります。

開催年 開催場 優勝者 府県
1 1985年(昭和60年) 前橋 佐々木昭彦 佐賀
2 1986年(昭和61年) 熊本 井上茂徳 佐賀
3 1987年(昭和62年) 京都向日町 滝澤正光 千葉
4 1988年(昭和63年) 青森 中野浩一 福岡
5 1989年(平成元年) 前橋 福岡
6 1990年(平成2年) 青森 井上茂徳 佐賀
7 1991年(平成3年) 久留米 鈴木誠 千葉
8 1992年(平成4年) 岸和田 梶応弘樹 愛媛
9 1993年(平成5年) 青森 高木隆弘 神奈川
10 1994年(平成6年) 大垣 高橋光宏 群馬
11 1995年(平成7年) 青森 神山雄一郎 栃木
12 1996年(平成8年) 宇都宮 海田和裕 三重
13 1997年(平成9年) いわき平 児玉広志 香川
14 1998年(平成10年) 青森 山田裕仁 岐阜
15 1999年(平成11年) 大垣 吉岡稔真 福岡
16 2000年(平成12年) 名古屋 金古将人 福島
17 2001年(平成13年) 花月園 濱口高彰 岐阜
18 2002年(平成14年) 岸和田 村上義弘 京都
19 2003年(平成15年) 高知 佐藤慎太郎 福島
20 2004年(平成16年) 大垣 内林久徳 滋賀
21 2005年(平成17年) 岸和田 加藤慎平 岐阜
22 2006年(平成18年) いわき平 合志正臣 熊本
23 2007年(平成19年) 熊本 山崎芳仁 福島
24 2008年(平成20年) 西武園 三宅伸 岡山
25 2009年(平成21年) 大垣 山崎芳仁 福島
26 2010年(平成22年) 宇都宮 佐藤友和 岩手
27 2011年(平成23年) 岸和田 伏見俊昭 福島
28 2013年(平成25年) 松山 平原康多 埼玉
29 2014年(平成26年) 高松 村上博幸 京都
30 2015年(平成27年) 静岡 山崎芳仁 福島
31 2016年(平成28年) 久留米 渡邉一成 福島
32 2017年(平成29年) 取手 平原康多 埼玉
33 2018年(平成30年) 四日市 新田祐大 福島
34 2019年(平成31年) 別府 中川誠一郎 熊本
35 2020年(令和2年) 豊橋 清水裕友 山口
36 2021年(令和3年) 川崎 郡司浩平 神奈川

昨年は、川崎競輪場をホームバンクとする郡司浩平選手が優勝しました。

なので普段から開催場のバンクで走りなれている選手が有利と感じます。

しかし、これまでにホーム選手が優勝したのは郡司浩平選手ただ一人。

よって、ホームバンクであるかどうかはそこまで重視する必要は無いでしょう。

注目すべきは、選手の府県です。

過去36回開催された全日本選抜競輪で福島所属の選手が7勝しています。

約1/5の確立で福島の選手が勝っているので、今回の全日本選抜競輪2022でも福島所属の選手に注目しましょう。

全日本選抜競輪【2022】で優勝候補選手を予想してみた‼

全日本選抜競輪2022の出場選手の中から優勝候補を競輪戦線が予想してみました。

競輪戦線が選んだ全日本選抜競輪2022の優勝候補は以下の3名。

  • 郡司 浩平
  • 松浦 悠士
  • 佐藤 慎太郎

それではひとりひとりご紹介します。

全日本選抜競輪【2022】優勝候補1「郡司 浩平」

全日本選抜競輪2022 画像

氏名 郡司 浩平(グンジ コウヘイ)
生年月日 1990年12月27日
期別 99期
競争得点 117.96
脚質
 級班 S級S班
ホームバンク 川崎
地区 神奈川

郡司浩平選手は、川崎競輪場をホームバンクとするS級S班の選手です。

競輪グランプリに3年連続出場するほどの実力者で、前回の全日本選抜競輪では優勝

スピードが抜群のカマシ、捲りが得意としています。

更に、レース展開を読む力や横の動きにも長けた万能タイプの選手です。

今年に入ってからもいい成績を残していて、1月9日に開催された【G3】和歌山グランプリでは完全優勝

優勝はできなくとも、車券に絡む確立は非常に高いと予想しているので、是非注目してみてください!

全日本選抜競輪【2022】優勝候補2「松浦 悠士」

全日本選抜競輪2022 画像

氏名 松浦 悠士(マツウラ ユウジ)
生年月日 1990年11月21日
期別 107期
競争得点 115.40
脚質
 級班 S級S班
ホームバンク 広島
地区 広島

松浦悠士選手は、広島競輪場をホームバンクとするS級S班の選手です。

昨年は、競輪日本選手権競輪、オールスター競輪で優勝。

更に、賞金ランキング1位の状態で競輪グランプリ出場。

以上のことからも2021年に最も活躍した選手と言っても過言ではありません。

連対時の決まり手は「差し」が最も多く、取手競輪場との相性も抜群。

直近のレースではあまり良い結果を残していませんが、全日本選抜競輪に合わせてコンデションを整えてくれるはず!

是非、注目してみてください。

全日本選抜競輪【2022】優勝候補3「佐藤 慎太郎」

全日本選抜競輪2022 画像

氏名 佐藤 慎太郎(サトウ シンタロウ)
生年月日 1976年11月07日
期別 78期
競争得点 117.42
脚質
 級班 S級S班
ホームバンク いわき平
地区 福島

佐藤慎太郎選手は、いわき平競輪場をホームとするS級S班の選手です。

安定感がある走りで連対率が高い選手ですが、優勝回数が少なく昨年も目立った成績を残していません。

しかし、全日本選抜競輪2022で最も期待できる選手と競輪戦線は予想。

佐藤慎太郎選手が所属している地区は福島県です。

先程紹介しましたが、全日本選抜競輪では福島県所属の選手が過去に7回優勝しています。

高い確率で勝利しているので、福島所属の佐藤慎太郎選手はかなり期待できるでしょう。

更に、佐藤慎太郎選手の脚質は「追い込み」。

得意な決まり手は「差し」となっています。

脚質・決まり手どちらも取手競輪場のバンクと相性が抜群!

かなり期待できるので、ぜひ佐藤慎太郎選手を買い目に組んで勝負してみてください。

全日本選抜競輪【2022】で稼ぐための裏技をご紹介‼

以上、全日本選抜競輪2022の予想方法・コツでした。

紹介したポイントをしっかり押さえて勝負すれば、高い確率で勝利することができるでしょう。

ただ、天候や選手のコンデションによってレース展開は異なるので、レース当日まで情報収集をしっかり行ってください。

情報収集に時間を割けない方や楽に勝ちたい方は競輪予想サイトを利用するのがおすすめ。

競輪予想サイトは、プロが予想しているので予想精度が抜群。

公開された買い目に乗るだけで稼ぐことができます。

競輪戦線はこれまで数々の競輪予想サイトを検証してきました。

その中で全日本選抜競輪2022で活躍間違いなしのサイトをご紹介します‼

全日本選抜競輪【2022】で勝率を上げたい方におすすめ「競輪ライジン」

競輪ライジンは、的中率に特化した予想を提供している競輪予想サイト。

予想精度が高いので、全日本選抜競輪2022で勝率を上げたい人には特におすすめです。

参考までに、直近の無料予想の結果をまとめたので御覧ください。

予想サイトを使った成績
競輪ライジン トップページ画像
参加回数 10回 的中 7回
的中率 70% 不的中 3回
投資金額 100,000円
払戻金額 230,500円
最高払戻金額 88,100円
回収率 230%
平均配当 23,050円
合計収支 130,500円
ーー競輪の結果一覧
参加レース ○☓ 獲得金額
02/09 西武園5R +5,100円
02/07 和歌山6R −4,000円
02/01 大垣5R +28,600円
01/31 取手5R +9,800円
01/26 和歌山5R +10,800円
01/24 宇都宮5R +88,100円
01/21 豊橋5R +3,500円
01/18 大宮5R −10,000円
01/14 大垣5R +8,600円
01/05 向日町6R −10,000円

無料予想の的中率は70%、回収率は230%

平均獲得金額は2.3万円を超えています。

全日本選抜競輪2022が開催される取手競輪場では9,800円の払い戻しを獲得することができました‼

有料予想は「回収率」を重視した予想内容となっていて、管理人が実際に参加した結果…

競輪ライジン 的中画像

競輪ライジン 現金画像

730,810円獲得!

回収率は7308%と有料予想でもかなり稼ぐことができました。

そんな、予想精度抜群な競輪ライジンは、メールアドレスさえあれば無料で利用可能。

全日本選抜競輪2022の予想も公開予定なので、いまのうちに押さえておきましょう。

→競輪ライジンの無料予想を受け取る

全日本選抜競輪【2022】で大きく稼ぎたい方におすすめ「スタート轟」

スタート轟は、回収率に特化した予想を提供している競輪予想サイト。

一回の払い戻しが大きいので、全日本選抜競輪2022で大きく稼ぎたい人には特におすすめです。

参考までに、直近の無料予想の結果をまとめたので御覧ください。

予想サイトを使った成績
スタート轟 トップページ画像
参加回数 10回 的中 9回
的中率 90% 不的中 1回
投資金額 100,000円
払戻金額 420,500円
最高払戻金額 164,400円
回収率 420%
平均配当 42,050円
合計収支 320,500円
ーー競輪の結果一覧
参加レース ○☓ 獲得金額
01/11 取手7R +164,400円
01/09 名古屋7R +32,100円
01/05 向日町7R −10,000円
12/31 岸和田7R +6,000円
12/24 佐世保6R +71,500円
12/19 伊藤7R +10,300円
12/12 豊橋1R +3,600円
12/10 広島6R +19,200円
12/08 和歌山5R +22,300円
12/07 豊橋1R +2,000円

無料予想の的中率は90%、回収率は420%

平均獲得金額は4.2万円を超えています。

今年に入ってすぐ、全日本選抜競輪2022が開催される取手競輪場で万車券を的中‼

16万円以上の払い戻しを獲得することができました!

有料予想は「回収率」を重視した予想内容となっていて、管理人が実際に参加した結果…

スタート轟 的中画像 スタート轟 現金画像

834,480円獲得!

回収率は8344%と有料予想でもかなり稼ぐことができました。

そんな、回収率が最強なスタート轟は、メールアドレスさえあれば無料で利用可能。

予想は毎日公開されているので、今日から利用して全日本選抜競輪2022までに軍資金を集めておきましょう。

→スタート轟の無料予想を受け取る

LINE公式アカウント始動

競輪戦線の”激アツ情報”を配信するLINE公式アカウントが遂に始動!

管理人のボクが「マジで稼げる予想」をテーマにお届けしています。

ボクが今まで自腹で検証し、「当たる・稼げる」事を証明してきた数々の予想サイト。

もちろんその調子にも波がありますが、それを挽回する力も持っています。

更に言うなら、その時に1番調子の良いサイトを知っていればコスパ良く稼ぐ事も可能です。

競輪戦線では”今”稼げるサイトをLINE公式アカウントに登録して頂いた方限定で配信!

厳選された予想の「最前線」をぜひこの機会にお試し下さい。

line-qr
LINE公式アカウント

ID検索「@166iephg」

※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。

←QRコードで友だち追加の方はこちら。

このコラムに関する口コミ

  1. コメントはまだありません。

このコラムに関する口コミを募集しています